内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  活動・白書等  >  審議会・懇談会等  >  消費者委員会  >  建議、提言、意見、答申及び報告書  >  2014年  >  教育・保育施設等における事故情報の収集及び活用に関する調査報告

教育・保育施設等における事故情報の収集及び活用に関する調査報告

2014年11月
消費者委員会

調査報告本文および資料

調査報告の内容

本文

第1 事故情報の収集

  1. 現行制度
    • (1)消費者安全法に基づく通知制度
    • (2)厚生労働省が所管する施設・事業に係る通知制度
    • (3)文部科学省が所管する施設に係る通知制度
    • (4)独立行政法人日本スポーツ振興センターが行う災害共済給付制度
  2. 実施状況
    • (1)消費者安全法に基づく通知件数
    • (2)保育所及び認可外保育施設
    • (3)放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)
    • (4)子育て援助活動支援事業(ファミリー・サポート・センター事業)
    • (5)幼稚園
  3. 現行制度・実施状況に係る課題
    • (1)消費者安全法に関する関係府省の対応状況
    • (2)消費者安全法に対する地方公共団体の認識
    • (3)重大事故等の適切な情報集約
    • (4)消費者事故等の報告の範囲
  4. 子ども・子育て支援新制度の施行に向けて望まれる対応
    • (1)子ども・子育て支援新制度の事故再発防止策検討会への消費者庁の協力
    • (2)子ども・子育て支援新制度に移行しない施設等への対応

第2 事故情報の分析及び活用

  1. 現行制度
    • (1)消費者庁
    • (2)厚生労働省
    • (3)文部科学省
  2. 実施状況
    • (1)消費者庁
    • (2)厚生労働省
    • (3)文部科学省
    • (4)その他
  3. 現行制度・実施状況に係る課題
    • (1)関係府省の連携によるフィードバック
    • (2)保育等の現場への効果的な情報発信
    • (3)情報発信に関する保育関係者の意見
    • (4)事故再発防止のための検証のあり方

関係法令

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan消費者委員会事務局
〒100-8970 東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎4号館8階
電話番号(直通):03-3581-9176