内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  活動・白書等  >  審議会・懇談会等  >  消費者委員会  >  建議、提言、意見、答申及び報告書  >  2013年  >  食品リコールの現状に関する整理

食品リコールの現状に関する整理

2013年8月
消費者委員会 消費者安全専門調査会

本文および参考資料

内容

本文

1.はじめに

2.リコールの考え方

3.食品リコールの考え方

(1)食品関連法令に基づくリコール
(2)食品関連法令に基づかないリコール

4.食品リコールの現状(実態)

(1)食品の不具合や異常に関する情報収集の体制
(2)食品の自主リコールの判断基準の現状
(3)食品リコールの周知方法と回収方法
(4)食品リコールの終了・再発防止

5.消費者安全専門調査会における分析

(1)食品リコールの特性
(2)食品リコールの現状

6.おわりに

参考資料

【参考資料1】 食品リコールに関するヒアリング内容の整理及び委員の意見
【参考資料2】 食品関連の主な法令とリコールに関する記載内容
【参考資料3】 消費者庁食品表示課 説明資料 (第22回消費者安全専門調査会 配布資料(抜粋)
【参考資料4】 消費者安全専門調査会の今後の進め方について (第22回消費者安全専門調査会 配布資料(抜粋)
【参考資料5】 自治体による食品の自主回収報告制度の整理
【参考資料6】 第24回消費者安全専門調査会における質問事項について (第25回消費者安全専門調査会 配布資料(抜粋)
【参考資料7】 食のリコールガイドラインの提案 (第23回消費者安全専門調査会 配布資料(抜粋)
【参考資料8】 消費者安全専門調査会 審議経過
【参考資料9】 消費者安全専門調査会 委員名簿

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan消費者委員会事務局
〒100-8970 東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎4号館8階
電話番号(直通):03-3581-9176