成年後見制度利用促進会議令(平成二十八年政令第二百十五号)

内閣は、成年後見制度の利用の促進に関する法律(平成二十八年法律第二十九号)第十四条第四項の規定に基づき、この政令を制定する。

(会長)

  1. 第一条 会長は、会務を総理する。
  1. 会長に事故があるときは、会長があらかじめ指名する委員が、その職務を代理する。

(庶務)

  1. 第二条 成年後見制度利用促進会議(次条において「会議」という。)の庶務は、内閣府大臣官房企画調整課において処理する。

(会議の運営)

  1. 第三条 前二条に定めるもののほか、議事の手続その他会議の運営に関し必要な事項は、会長が会議に諮って定める。

附則抄

(施行期日)

  1. 1 この政令は、成年後見制度の利用の促進に関する法律の施行の日(平成二十八年五月十三日)から施行する。