内閣府におけるEBPMへの取組

最終更新日:令和3年4月

EBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング。証拠に基づく政策立案)とは、政策の企画をその場限りのエピソードに頼るのではなく、政策目的を明確化したうえで合理的根拠(エビデンス)に基づくものとすることです。
政策効果の測定に重要な関連を持つ情報や統計等のデータを活用したEBPMの推進は、政策の有効性を高め、国民の行政への信頼確保に資するものです。
内閣府では、EBPMを推進するべく、様々な取組を進めています。

推進体制

大臣官房政策立案総括審議官をチーム長とする内閣府本府EBPM推進チームが、内閣府においてEBPMを推進するべく、基本的な方針を定めています。

各府省庁横断的な取組への貢献(政策統括官(経済社会システム担当)、政策統括官(経済財政分析担当))

内閣府の各部局における取組(上記を除く)

府内各部局の取組をご紹介します。

科学技術・イノベーション推進事務局

我が国の研究、教育、産学連携に係る状況をマクロからミクロに掘り下げて「見える化」しています。
関係省庁等に分析データを共有しEBPMの推進に貢献しているほか、一般公開可能な部分についてe-CSTIとして公開しています。

経済社会総合研究所

経済研修所において、内閣府および他省庁職員を対象としたEBPM研修を実施しています。

地方創生推進事務局

地域経済に関する官民の様々なデータを、地図やグラフ等で分かりやすく「見える化」しているシステムです。

新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響を可視化しているシステムです。

EBPMの取組に関連する知見

EBPMに関係する取組

データの活用推進

  • データに関する総合窓口
    内閣府の所管事項に係る官民データの活用に関するご質問やご要望、統計等データの提供依頼について、掲載しています。
  • 官民データの活用推進
    内閣府の所管事項に係る政府保有データの棚卸し結果について、掲載しています。

関連リンク

問合せ先

内閣府 EBPM推進室(直通:03-6257-1390)