地方分権改革 地方分権改革とは、住民に身近な行政は、できる限り地方公共団体が担い、その自主性を発揮するとともに、地域住民が地方行政に参画し、協働していくことを目指す改革です。

地方分権改革に関する閣議決定及び法律改正等

  • 第12次地方分権一括法
    詳細については、こちらをご覧ください。

令和4年5月13日成立、令和4年5月20日公布
「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」(令和4年法律第44号)
(第12次地方分権一括法)

令和3年12月21日閣議決定
「令和3年の地方からの提案等に関する対応方針」

 
  • 累次にわたる地方分権一括法
    これまでの地方分権一括法については、こちらをご覧ください。