マイナンバーメールマガジン 第65号(令和2年2月21日)内閣府大臣官房番号制度担当室

■◆■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マイナンバーメールマガジン 第65号(令和2年2月21日)
~電子証明書の有効期限を更新しましょう!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■◆■

令和元年10月以降、マイナンバーカードの電子証明書の有効期限に関する通知書が、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)から対象者の皆さんへ発送されています。
それに伴い、マイナンバー総合フリーダイヤルへの問合せが日に日に増加しています。市区町村窓口で住民に対応されている職員の皆さんにおかれましても、その対応に日々追われていることと思います。
今回は、この「マイナンバーカードの電子証明書の有効期限更新」の手続方法について簡単にご紹介し、電子証明書に関する素朴な疑問についてお答えします。

【通知書が届いたらどうしたらいいの?】
電子証明書の有効期限は、マイナンバーカード発行日後5回目の誕生日となっています。有効期限到来の約3か月前に、J-LISから対象者の皆さんに水色の封筒で「有効期限通知書」が届きます。これが、電子証明書の更新に必要となる書類です。
有効期限通知書の中に「更新手続」という項目がありますが、ここに「電子証明書の更新手続」と記載があれば、更新の手続をする必要があるのです。
更新の手続は無料で、お住まいの市区町村窓口で行えます。必要なものは、次のとおりです。

・現在お持ちのマイナンバーカード
・有効期限通知書

そして、お住まいの市区町村窓口では、現在設定済みの暗証番号を入力します。もし、お忘れの場合でも、再設定が可能ですのでご安心ください。

【そもそもどうして有効期限があるの?】
そもそもどうしてマイナンバーカードをはじめ、電子証明書に有効期限があるのでしょうか。また、なぜマイナンバーカードと電子証明書で有効期限が異なっているのでしょうか。それにはきちんと理由があります。それぞれの理由を簡単にご紹介します。
●マイナンバーカード
顔写真付きの身分証明書として機能するためには、顔写真とご本人実物を見比べて同一人物だと判別できなければなりません。当たり前のことですが、実は重要な話です。また、人の容姿は時間経過により変化しますので、ある程度の期間で顔写真を更新する必要がある、というわけです。
その期間については、パスポート等の他の顔写真付きの身分証明書についても、更新に要する住民の負担軽減のために、有効期限は最長10年とされています。それを踏まえ、マイナンバーカードについても、原則、発行の日から10回目の誕生日までとしています。
ただし、20歳未満の方については、容姿の変化が大きいことから、顔写真を考慮して5回目の誕生日としています。
●電子証明書
オンライン上での本人確認ができる電子証明書ですが、高い暗号技術によって、なりすましを防いでいます。
一方で、この暗号技術を解読するための技術も日々進歩しています。ですから、解読されてしまうことのないように、電子証明書の有効期限は、カード自体よりも短い、発行の日から5回目の誕生日までとしています。

【なぜ電子証明書の更新が必要なの?】
マイナンバーカードの電子証明書の有効期限が切れてしまうと、電子証明書を使ったサービスを受けられなくなってしまいます。
まず、e-Tax を使って確定申告を行うことや、コンビニエンスストアで住民票等の証明書を取得することができなくなります。
さらに、本年9月から始まるマイナポイントの付与や令和3年3月から始まるマイナンバーカードの健康保険証利用においても、この電子証明書を更新しなければ、どちらも利用することができません。
これから、ますます活用の幅が広がるマイナンバーカードの電子証明書。有効期限が近づいている皆さんはお早めに、お住まいの市区町村で更新手続をよろしくお願いします。


【有効期限通知書についての詳細はこちら】
★地方公共団体情報システム機構(J-LIS)ウェブサイト
https://www.kojinbango-card.go.jp/yukokigen/

【編集後記】
今朝、小職のスマホに「このたび、長らく勤務した〇〇町を退職することになりました。」というショートメールが入りました。この〇〇町というのは、東日本大震災で壊滅的な被害を受けたある小規模な自治体です。その〇〇町の隣の市役所にしばらく勤務していた私にとって、メールの差出人はまさしく「戦友」でした。
20歳近くも年下の小職の若気の至りを、怒らずいつも冷静に受け止めて下さるだけでなく、隣接自治体であった小職の市役所をも支える立場に立って、被災地の課題に共同で戦ってくださる方でした。被災地全体の復旧・復興と自らの〇〇町のそれを複眼的に鳥瞰できる「慧眼」と「卓見」、そしてそれを解決できる豊かな「人脈」を持ちながら、それを決してひけらかしたりせず、周囲の同志が困ったときにも惜しみなくそれを捧げて下さる姿勢には、小職だけでなく多くの方々が感銘を受けていたはずです。
「長らくの勤務、本当にお疲れさまでした。」祈りつつ、返信メールを発しました。もうすぐあの日から丸9年。思わず手を合わせました。(S)


----------------------------------------------------------------------
◆内閣府(内閣官房)
・マイナンバーに関するQ&Aはこちら
https://www.cao.go.jp/bangouseido/faq/index.html

◆その他、マイナンバーに関するお問い合わせはこちら
マイナンバー総合フリーダイヤル:0120-95-0178(無料)

----------------------------------------------------------------------
内閣府大臣官房番号制度担当室
◆マイナンバーメールマガジン担当
 https://www.cao.go.jp/bangouseido/
▼本メールマガジンの配信停止、または、配信先を変更する場合はこちら。
https://www.cao.go.jp/bangouseido/mailmagazine/mailmagazine.html#contents
----------------------------------------------------------------------