税制調査会 内閣府
トップページ 諮問・答申・報告書等 議事録・提出資料 審議中継 委員名簿 意見募集 別ウィンドウが開きます。 税についての対話集会
内閣府  > 審議会・研究会等   > 税制調査会トップ   > 諮問・答申・報告書等

諮問・答申・報告書等

平成16年11月

平成17年度の税制改正に関する答申

税 制 調 査 会

[PDF版] 
分割版PDF 01 02


税 制 調 査 会 委 員 等 名 簿


 本答申の審議に参加した委員、特別委員及び専門委員は、次のとおりである。


委  員

 


秋 山 咲 恵

 


 津 十 月

 

 

石   弘 光

 

上 月 英 子

 

 

井 戸 敏 三

 

佐 竹 敬 久

 

 

井 上 裕 之

 

神 野 直 彦

 

 

猪 瀬 直 樹

 

田 近 栄 治

 

 

大 宅 映 子

 

田 中 直 毅

 

 

翁   百 合

 

千 速   晃

 

 

奥 野 正 寛

 

水 野 忠 恒

 

 

菊 池 哲 郎

 

村 上 政 敏

 

 

草 野 忠 義

 

吉 岡 初 子


特別委員

 


井 堀 利 宏

 


辻 山 栄 子

 

 

上 野 博 史

 

出 口 正 之

 

 

遠 藤 安 彦

 

中 里   実

 

 

尾 崎   護

 

長 野 幸 彦

 

 

河 野 光 雄

 

林   宜 嗣

 

 

小 嶋 功 一(※)

 

本 間 正 明

 

 

島 田 晴 雄

 

松 永 真 理

 

 

竹 内 佐和子

 

宮 島   洋


専門委員

 


岩  慶 市

 


川 北 隆 雄

 

 

太 田   宏

 

長宗我部 友親

 
(※) 「功」の字の正しい表記は、つくりが「刀」ですが、漢字コードに無いため、「功」で表記しています。

目   次


一 基本的考え方

 1.わが国経済社会の構造変化と近年の税制改革
 2.経済及び財政の現状
 3.持続可能な公的部門の構築に向けて
  (1)歳出・歳入両面からの財政構造改革
  (2)国・地方の三位一体改革
  (3)税・社会保障負担のあり方の改革
 4.今後の税制改革の道筋

二 個別税目の課題
 1.個人所得課税
  (1)税源移譲
  (2)定率減税の取扱い
  (3)個人住民税
  (4)金融所得課税の一体化
 2.消費税
 3.相続税
 4.法人課税
  (1)法人税
  (2)法人事業税
 5.国際課税
 6.酒税
 7.地球温暖化問題への対応
 8.その他
  (1)企業年金等にかかる税制
  (2)組合事業に関する租税回避の防止
 



 当調査会は、昨年10月、内閣総理大臣から「少子・高齢化やグローバル化等の大きな構造変化に直面しているわが国社会の現状及び将来を見据えつつ、社会共通の費用を広く公平に分かち合うとともに、持続的な経済社会の活性化を実現するため、あるべき税制の具体化に向けた審議を求める。」との諮問を受け、税制改革の具体化に取り組んできた。
 この間、基礎問題小委員会において、税制を取り巻く経済社会の構造変化に関する審議を重ね、今後の税制改革に向けた基礎固めを行った。その成果を本年6月22日に「わが国経済社会の構造変化の『実像』について」としてとりまとめた。これと並行して、金融小委員会において、金融所得課税の一体化に関する検討を行い、6月15日に「金融所得課税の一体化についての基本的考え方」をとりまとめた。
 さらに、8月29日から9月5日にかけて、欧州・北欧諸国における税制・社会保障等の改革の動向や付加価値税制度の現状について海外調査を実施した。
 これらの成果を踏まえ、9月21日以降、個人所得課税、消費課税、資産課税、法人課税、国際課税、環境問題への対応等の広範な分野にわたり、中期的な課題も視野に入れつつ、審議を行った。
 本答申は、向こう数年間にわたり取り組むべき税制改革を展望しつつ、平成17年度税制改正にあたっての指針を示したものである。
   


(参考) 答申に盛り込まれていない主な意見  [PDF]


 

 
諮問・答申・報告書一覧
平成18年
平成17年
平成16年
平成15年
平成14年
平成13年
平成12年
平成11年
平成10年
平成 9年
平成 8年

財務省 総務省 更新履歴
>