内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  被災者生活支援チーム  >  避難所の実態把握(モニタリング)

平成23年4月22日

避難所の実態把握(モニタリング)

1.趣旨

  被災した東北の3県(岩手県、宮城県、福島県)において、避難所を抽出した上で、その実態を定期的に把握することにより、被災者の生活環境の改善に資する。

2.実態把握の内容

  個々の避難所におけるライフライン、食事、衛生環境、物資、医療、教育等の避難所における生活全般にわたり、数量的なデータのみならず、避難者の生活状況を具体的に示す定性的かつ具体的な実態を内容とする。

3.実態把握の方法

  3県それぞれに少なくとも2カ所の避難所を、可能な限り対照的なもの(環境、規模、都市とへき地、など)となるよう選定し、原則として週1~2回の頻度で定点観測する。
  ※本件実態把握の対象となる個別の避難所名及び結果については公表しない。
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)