内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  被災者生活支援チーム  >  3県全避難所に対する実態把握

3県全避難所に対する実態把握

平成23年6月16日

1.趣旨

被災した東北の3県(岩手県、宮城県、福島県)において、すべての避難所を対象に、生活環境に関する状況を把握する。
各避難所において支援を要する点を把握して、重点的に支援を行う。

2.内容及び頻度

(1) 現地事務所及び市町村、避難者にとって過度の負担にならないよう、項目を限定したうえで、各項目ごとに3又は5段階で評価する。
(2) 次の9項目について行う。
    (i) 水道・電気・ガス・燃料  (ii) 食  (iii) 下着と洗濯  (iv) プライバシーの確保  (v) 医師看護師・保健師の巡回等
    (vi) 薬  (vii) 入浴  (viii) トイレ  (ix) ゴミ処理

3.結果の集計・活用

(1) 各避難所の生活環境を、上記の9項目の観点から評価する。
(2) 厳しい状態にある避難所に対する重点的な支援を、県・市町村に要請する。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)