内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  野口英世アフリカ賞  >  野口英世アフリカ賞とは?

野口英世アフリカ賞とは?

野口英世アフリカ賞(政府インターネットテレビ)別ウインドウで開きます

1.目的

アフリカに関する医学研究及び医療活動を顕彰することにより、アフリカでの感染症等の疾病対策の推進に資し、もって人類の繁栄と世界の平和に貢献することを目的とします。

2.受賞対象者

  • アフリカでの感染症等の疾病対策のため、アフリカの医学研究分野又は医療活動分野において顕著な功績を遂げた者。
  • 特に医療活動については、受賞理由となる功績がアフリカで実践された、またはその活動基盤をアフリカにおく等、その功績がアフリカに住む人々の保健と福祉の向上に貢献した者であること。
  • 国籍・年齢・性別については、問いません。
  • 生存者に限ります。
  • 推薦要領(審査基準)についてはこちらをご覧ください

3.授賞頻度

6年ごとに日本で開催されるアフリカ開発会議(TICAD)の機会(※)に、授与します。第1回授与式は、2008年5月28日(TICAD IV の初日)に行われました。
第2回授与式は、2013年6月1日(TICAD Ⅴ の初日)に行われました。(※TICAD自体は2016年以降3年ごとに日本とアフリカで交互に開催予定)

 

4.賞金額

  • 賞金は医学研究分野、医療活動分野それぞれの該当者に対し1億円を授与します。
  • 政府の資金に加え、国内外の民間からの寄付も募ります(個人、団体)。

5.選考過程

国内外の研究機関、研究者などに受賞候補者の推薦を依頼し、寄せられた候補者を医学研究推薦委員会と医療活動推薦委員会が選考を行います。その後、野口英世アフリカ賞委員会が最終受賞候補者を総理大臣に推挙し、総理大臣が受賞者を決定します。

賞の全体枠組

 

野口英世アフリカ賞は、1、医学研究2、医療活動の2つが受賞対象分野です。国内外の推薦を受けた方の中から、医学研究分野については独立行政法人日本学術振興会に設けられる医学研究分野推薦委員会が、医療活動分野については世界保健機関アフリカ地域事務局に設けられる医療活動分野推薦委員会が、それぞれの分野の受賞候補者を最大3名まで絞り込み、内閣府に設けられる野口英世アフリカ賞委員会が、最終候補者を選考します。最終的には内閣総理大臣が野口英世アフリカ賞員会の推薦に基づき、受賞者を決定します。

 

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)