内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  野口英世アフリカ賞  >  最近のトピックス 2013年  >  切手デザイナーからのメッセージ ― 特殊切手「第2回野口英世アフリカ賞」のデザインを担当して

切手デザイナーからのメッセージ ― 特殊切手「第2回野口英世アフリカ賞」のデザインを担当して

 野口英世博士は福島県出身者であれば、その殆どの人が小学校で最初に教えられる偉人ではないでしょうか。私は福島県会津若松市出身なのですが、もちろん社会科見学でも野口英世記念館に何度か伺い、市内にある博士の銅像も毎日のように見ており、生活の中に溶け込んでいる身近な偉人という存在でした。身近すぎて、逆に博士の成し遂げられた業績を大人になるまで詳しくは知らなかったということも事実です。

 そんな折、博士の数々の業績を改めて知ることとなるチャンスが巡ってまいりました。

 特殊切手「第2回野口英世アフリカ賞」の発行です。野口英世博士のデザインを同郷の私が手がけることで、少しでも今の福島県の皆様のお力になれればと思い、この切手の担当デザイナーを決めるときに自ら手をあげました。

 デザインは2012年11月から取り掛かり、内閣府様や財団法人 野口英世記念会の方々に資料提供をいただだいたり、お話を伺わせていただいたり、皆様のお力をお借りしてなんとかデザインの完成までに至りました。また、改めて博士の成し得た業績に感動いたしました。

 デザインでこだわったことの一つに、せっかく同郷のデザイナーの私が担当したのですから、博士の肖像のお写真を配置するだけでなく、なんらかの形でもっと直接的にデザインにかかわりたいと思ってひらめいたのが、福島県の花「ネモトシャクナゲ」の絵を描くことでした。切手としては以前にもこの花は描いたことがありましたが、また改めて思いをこめて丁寧に描きあげました。

 福島県で生まれ育ったひとりとして、このような機会に恵まれたことを感謝いたします。

日本郵便株式会社
郵便事業総本部 営業本部
郵便事業部 切手・葉書室   

中丸 ひとみ

切手シート全体図 

 切手拡大図1
切手拡大図1

切手拡大図2
切手拡大図2

カンゾウの花
切手外枠に使用された
野口博士が描いたカンゾウの花

 

解説・切手拡大図1

  • ロックフェラー研究所時代の野口博士
  • 野口博士の母、野口シカさんがアメリカの息子へ書いた手紙
  • 野口博士愛用の顕微鏡
  • 福島県の花・ネモトシャクナゲ

 

  

 

 

 

解説・切手拡大図2

  • 野口博士愛用の地球儀
    福島県猪苗代町の野口英世記念館で保存されている博士愛用の地球儀を、今回の切手のために、アフリカ大陸を手前にして撮影しました。

 

 

 

 

 

解説・外枠・野口博士が描いたカンゾウの花

  • 切手の外枠には、野口博士が描いたカンゾウの花がデザインされています。野口博士は絵画を描くことも得意で、多くの油絵や水彩画を残しています。
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)