福井内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成30年6月29日

(平成30年6月29日(金) 9:40~9:44  於:中央合同庁舎第8号館1階S103記者会見室)

1.発言要旨


 おはようございます。冒頭、二つ報告がございます。
 一つは明日、明後日の出張でございます。まず、明日、神戸市を訪問いたしまして消費生活センターを視察するとともに、久元神戸市長と地方消費者行政に関する意見交換などを行います。明後日は大阪府に参りまして、高槻市及び大阪市の消費生活センターを視察させていただきますとともに、濱田高槻市長とも意見交換を行う予定でございます。詳細につきましては、関係部局にお尋ねいただきたいと思います。
 2点目が、領土・主権展示館主催の特別展示の開催についてでございます。本年1月、東京日比谷の市政会館内に開館いたしました「領土・主権展示館」でございますけれども、来週7月2日から8月4日まで特別展示「いったい何者?江戸の地図男!長久保赤水展」を実施いたします。これは展示館にとって初の特別展示でございまして、茨城県高萩市の長久保赤水顕彰会との共催で行います。初日の7月2日、来週の月曜日ですけれども、9時からテープカット式を行い、私も出席いたします。一般公開は10時からの予定でございます。是非多くの皆様にお越しいただければと存じております。詳細は内閣官房領土・主権対策企画調整室にお問合せをいただければと思います。
 冒頭は私の方から2点で、以上でございます。

2.質疑応答

(問)フジテレビの山田です。
 所管外で恐縮なんですけども、サッカーのワールドカップについて伺います。日本代表が2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めました。昨夜、もし御覧になっていらっしゃれば、大臣の感想と併せて受け止めをお願いします。
(答)杉山・釜本の時代から私ずっとサッカーが好きで見ておりましたので、そういう観点で申し上げますと、本当に日本のサッカーは成長したなと思います。武士道とか潔さとかいうところから見たら、ボールキープというのは日本人にとって100%アクセプタブルではないかもしれませんけれども、しかし、西野監督の監督イズム、そして、途中から入った長谷部のキャプテンシー、ボールキープを中心に試合をコントロールすべしという業務命令でそのチームをまとめたという点において、私からは監督とキャプテンを称賛させていただければと思います。いずれにしても、ボールも試合もコントロールできるように、日本のサッカーもなったのだなというのが、正直なところでございます。次の試合も是非勝っていただいて、日本ここにありということを示していただければと思います。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)