福井内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成30年6月1日

(平成30年6月1日(金) 9:40~9:44  於:中央合同庁舎第8号館1階S103記者会見室)

1.発言要旨


 私の方から三つ発言がございます。
 一つ目が、本日、閣議に出席した全閣僚に「かりゆしウェア」を着用していただきました。評判も上々であったように感じました。「かりゆしウェア」は着心地がもちろんよくて、日本の暑い夏を快適に過ごすのに適した服でございます。沖縄では近年、官民を問わず、広く着用が進んでおり、沖縄以外でも普及することを期待しております。本日の取組がこの一助になることを期待したいと思います。ちなみに、閣僚が「かりゆしウェア」を着用する閣議は、平成19年6月より開始しまして、今回で11回目ということでございます。
 2点目が、「北方領土隣接地域への修学旅行誘致促進のための下見ツアー」の参加者募集でございます。北方領土隣接地域での北方領土学習プログラムを取り入れた修学旅行の誘致を更に促進するため、教員等を対象にいたしました「北方領土隣接地域への修学旅行誘致促進のための下見ツアー」の募集を、本日6月1日より開始いたします。お手元の資料のとおり、本年8月に計4回実施をいたします。多くの教員等の方にツアーに参加していただきまして、その結果、多くの修学旅行生が隣接地域を訪れて、北方領土に対する関心を高めていただくことにつながることを期待しております。詳細は内閣府北方対策本部までお問合せをいただきたいと思います。
 3点目、最後でございますけれども、明日6月2日から3日にかけまして、徳島県を訪問させていただきます。エシカル消費に取り組み、消費者支援功労者表彰において内閣総理大臣表彰を受賞されました徳島商業高校、そして、「消費者教育推進プロジェクト」を展開する鳴門教育大学等を訪問いたします。また、徳島県庁10階にございます消費者行政新未来創造オフィス、消費生活相談の現場である徳島市消費生活センターの視察なども行う予定でございます。詳細につきましては消費者庁にお尋ねをいただきたいと思います。

2.質疑応答

(問)(共同通信)先日、沖縄調査会、党の方から提言書がまとめられて提出されたと思うのですけれども、それの受け止めを伺えたらと思います。
(答)昨日、自由民主党沖縄振興調査会がお取りまとめになりました提言を受け取りました。提言にもいろいろ書いてございますので、それを受け止めまして、沖縄振興につきましては、引き続き国家戦略として、総合的・積極的に推進する必要があると改めて思い、そして、今年の「骨太の方針」につきましては、昨日受け取った党の提言等も踏まえながら、政府部内で所要の検討をして、沖縄の振興策をしっかりと位置付けたいと考えているところでございます。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)