小此木内閣府特命担当大臣閣議後記者会見要旨 平成30年3月16日

(平成30年3月16日(金) 9:04~9:07  於:中央合同庁舎第8号館5階共用会議室B)

1.発言要旨


 私からはございません。どうぞ。

2.質疑応答

(問)共同通信の井澤です。
 森友問題関連で、佐川前理財局長の証人喚問が来週実施される見通しとなってると聞いています。こうした事態になったことの大臣の受け止め、改めてお願いしたいのと、あと、真相解明に向けて、佐川氏の証人喚問に期待するところありましたらお願いします。
(答)国会のことについては、私がここでお話をする立場にありません。しかし、先般もこちらで質問を受けましたけども、今回の公文書のことについては、極めて重い話だと思っておりますので、政府の一員としてもその気持ちを持っております。国会において、そのいろんな形で運営がされることは、国会において含めて決めていただくことだと、このように思っております。
(問)関連してなんですけども、先日の大臣の会見で、近畿財務局の職員が亡くなったという報告を受けていると、そういった御発言あったかと思うんですが、その方が財務省本省に書き換えを指示されたと、そういった具体的なメモを残しているという報道があるんですけれども、その事実関係とメモの内容について報告を受けてるかどうか、お願いします。
(答)そのことについても、報告を受けておりますけれども、個人の、あるいは御遺族のプライバシーに関わることでありますので、お答えを差し控えさせていただいております。
(問)メモがあるという報告を受けているということでしょうか。
(答)亡くなったことについて報告を受けています。
(問)メモの有無については如何でしょうか。
(答)亡くなったことについても、その他のことにつきましても、これはお答えを差し控えさせていただいております。
(問)関連して、NHK山田です。
 昨日の会見でも長官から御発言があった件なんですが、森友文書の書き換えの可能性を、官邸サイドは5日の時点で報告を受けてたけども、把握していながらも報告がなかったということが、一部報道というか、いわゆる官邸に5日の時点で連絡が入っていたものの、いわゆるそこから報告がなかったということ、批判が一部出てるんですけれども、もし御所感があれば。
(答)どこから報告が入ったということですか。
(問)官邸が知っておきながらという意味です。いわゆるアウトプットがなかったという。
(答)公表ということですか。
(問)公表ということです。
(答)世の中に対してですか。
(問)そうです。連絡は入っていたんだけれども、その時点でいわゆる公表をしてなかったということ、批判が出ておりますけれども、もし御所感があればお伺いできればと。
(答)一つ一つ詳しく私は頭に入っているわけじゃありませんけども、それこそ報道の話ではありますけれども、国土交通省から入ったものと財務省から入ったものとの違いがあり、これは財務省でしっかりと調査を進めるべきものであるということが、中心であったんじゃないかと思います。どういうことか分かりませんけども、いろんな情報が入ってくると思うんだけども、整理された、公にしっかりと公表されたものをどういうふうに出していくのかということは、やはり官邸側の整理だと思います。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)