小此木内閣府特命担当大臣閣議後記者会見要旨 平成30年3月13日

(平成30年3月13日(火) 9:11~9:14  於:中央合同庁舎第8号館5階共用会議室B)

1.発言要旨


 私からはございません。どうぞ。

2.質疑応答

(問)NHKの島です。
 昨日、財務省が森友文書について書き換えを行っていたという調査結果を明らかにしました。国会で嘘の答弁をして、さらに嘘の文書を提出するという事態だと思うんですが、大臣は公文書の管理についてはどのようにお考えでしょうか。
(答)公文書そのものは、今、言われたように書き換えが行われたということについては、あってはならない話だと思っています。
 この件については、総理も財務大臣も謝罪をしています。私たち、一人一人の閣僚もそれは同じ閣内の人間でありますので、この公文書の管理のことについて、こんなことはあってはならないということの意味で、今回の事態を重く受け止めなければならないと思っています。
 調査は、引き続きしっかりと行われるようにならなければならないと、このように感じています。
(問)追加で、NHKの山田です。
 重複する部分があって恐縮なんですけれども、今、一人一人の閣僚もという御言葉が大臣からもありましたが、改めて閣僚の一員として、政府として受け止めがあれば大臣、御所感を頂ければと。
(答)こちらも繰り返しになりますけれども、このことについて、総理も財務大臣も謝罪をしています。一人一人というのは、特に、他の大臣もそうですけれども、私として閣内の一人でありますので、公文書の管理のことについては、今回、こういうことがあってはならないと思っておりますので、しっかりと重く受け止めて、なお調査が行われるべきだと思います。
(問)続けて恐縮です。
 今月、近畿財務局の職員の方が死亡して、遺書もあったということで、自殺されたという報道がありました。兵庫県警において対応されたと聞いておりますが、事実関係についてお伺いします。
(答)近畿財務局の方が亡くなられたという報告は受けております。また、この方のプライバシー、御遺族の方のプライバシー、これもありますので、このことについてのお答えは差し控えさせていただきたいと存じます。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)