小此木内閣府特命担当大臣閣議後記者会見要旨 平成30年2月13日

(平成30年2月13日(火) 9:00~9:02  於:中央合同庁舎第8号館5階共用会議室B)

1.発言要旨


 私から雪についてですが、日本付近は、再び強い冬型の気圧配置が強まっており、北日本から西日本の日本海側を中心に降雪が強まり、大雪となっています。
 先週からの一連の大雪の影響で、本日7時時点で死者10名、重傷者52名などの人的被害が発生しているほか、積雪の多い地域では家屋の一部破損や、農業用ハウスの倒壊など、大きな被害が生じています。
 改めて、今回の大雪により亡くなられた方々に心からお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われておる方々にお見舞いを申し上げます。
 日本海側では、今日にかけて引き続き大雪となる見込みであります。最新の気象情報や交通情報に注意して、身の安全の確保を最優先に行動していただくようお願いをいたします。
 この冬も、除雪作業中の事故が相次いでいます。屋根の雪降ろしには、はしごを固定し、命綱を付けるなどして転落を防止するとともに、家族や近所の方に声をかけて2人以上で作業を行うなど、除雪作業中の安全確保に十分留意をしていただきますように、お願いをいたします。
 私からは以上です。

2.質疑応答

(問)なし。
(答)なし。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)