小此木内閣府特命担当大臣閣議後記者会見要旨 平成30年2月6日

(平成30年2月6日(火) 8:36~8:38  於:官邸3階エントランスホール)

1.発言要旨


 私から、激甚災害法に基づく中小企業に関する特別の助成の期間の延長に関する政令についてです。平成29年7月九州北部豪雨を含む梅雨期の一連の災害については、同年8月8日に激甚災害として政令で指定し、福岡県朝倉市及び東峰村の被災中小企業に対し、中小企業信用保険法に基づく災害関係保証の特例を適用しております。
 この特例の適用期間は、今年の2月9日までとなっておりますが、今後も被災した中小企業等の復旧のための資金需要が見込まれることから、その期間を1年間延長することとし、激甚災害指定に関する政令の一部を改正する政令を、本日閣議決定いたしました。被災された中小企業の皆さんにおかれましては、引き続き、事業の再建に取り組んでいただきたいと思います。
 私からは以上です。

2.質疑応答

(問)日本テレビなんですけれども、昨日、佐賀県で民家に自衛隊機が墜落しましたが、事故の受け止めと今後の対応をお願いします。
(答)非常に残念なことだと思っております。けがをされた小さいお子さんがいらっしゃったということでして、自衛隊員2人のうち、1人の死亡が残念ながら確認されたとのことと、それ以上のことは今、確認をしているというところで、まだ報告入っておりませんが、こういうことがあってはならないと、こういうふうに思っております。
 以上です。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)