小此木内閣府特命担当大臣閣議後記者会見要旨 平成29年12月12日

(平成29年12月12日(火) 10:51~10:53  於:中央合同庁舎第8号館5階共用会議室B)

1.発言要旨


 おはようございます。
 どうぞ。

2.質疑応答

(問)TBSテレビの松井と申します。
 6月の東名高速での夫婦死亡事故で起訴された被告なんですが、事故後2カ月後にも、あおりや割り込みなどの危険な運転をしていたことが新たに分かりました。東名での事故の前にも3件もトラブルを起こしていて、彼に限らずだとは思うんですけれども、危険な運転を常習的に行っている悪質なドライバーへの対策については、どのようにお考えになりますでしょうか。
(答)本当にひどい話だと思っています。一般のドライバーに危険を感じさせ、また事故に対してあまりにも軽い思いを持っているのかなということを思いますし、この事故の危険を生じさせるような悪質、危険な運転に対しては、様々な手段を講じて抑止、やめさせていかなきゃならないと、こういうふうに思っています。
 今までも、これは警察自体も捜査を徹底して厳正に対処してきているとは思いますが、なかなか今言われたように、危険な悪質な運転を重ねてきていると、重大な事故を起こした後にもそういうことを重ねてきているということについては、その本人の問題でもありますけれども、免許更新時や、あるいは教習所等で様々な教育からしていかなきゃならないと思っています。特に死に至らしめたようなことにつながるんだと、重大な結果につながるんだということをこれからのドライバー、あるいは新しく免許を取る方々にも、教習所等でも指導していくということについて、国家公安委員会としても、しっかりと指導していきたいと思っています。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)