「S-Booster 2017」最終選抜会

閉会の挨拶をする松山大臣

大賞受賞者と記念撮影する松山大臣
(右から順に、山崎直子「S-Booster 2017」特別審査員(宇宙飛行士)、村上憲郎「S-Booster 2017」審査委員長、松山大臣、大賞受賞者(松本紋子さん)、剛力彩芽さん、若田光一宇宙飛行士、高田修三「S-Booster 2017」実行委員長(宇宙開発戦略推進事務局長))

「S-Booster 2017」のファイナリストと記念撮影する松山大臣

 松山内閣府特命担当大臣は、平成29年10月30日、宇宙を利用した新たなビジネスアイデアコンテスト「S-Booster 2017」の最終選抜会に参加しました。今回が初の試みでしたが、1か月間という短い募集期間だったにもかかわらず、300件を超える素晴らしい提案がありました。最終選抜会では、その中から事前選考を勝ち抜いた15件の提案について発表が行われ、大賞を始めとした各賞が決定されました。本選考会の様子は、ニコニコ動画によるネット配信も行われ、1万3000人を超える多くの方々にご覧いただき、大変盛況でした。
 松山大臣は、締めくくり挨拶で、「宇宙利用の可能性や期待の大きさを再認識しました。本日の最終選抜会がきっかけとなり、それぞれの提案が事業化に向けた次のステップにつながっていくことを大いに期待しております。政府としましても、JAXAや日本政策投資銀行などの関係機関とも連携しつつ、引き続き、様々な形でスタートアップから事業化に向けた支援を行ってまいります。同時に、この取組を来年度以降も継続して行きたいと思います。」と述べ、その後、参加者との記念撮影を行いました。

■大賞
・受賞者:松本 紋子
・受賞テーマ:「超低高度衛星搭載ドップラーライダーによる飛行経路・高度最適化システム構築」
■スポンサー各社賞
ANA(エーエヌエー)ホールディングス賞
・受賞者:石北 直之
・受賞テーマ:「嗅ぎ注射器 宇宙へ」
三井物産賞
・受賞者:チーム 羅針盤
・受賞テーマ:「衛星測位×セキュリティ(未来に向けた安心な測位)」
大林組賞
・受賞者:チーム TRY FORCE
・受賞テーマ:「宇宙テザー技術を使った宇宙環境計測技術の開発
スカパーJSAT(ジェイサット)賞
・受賞者:松本 紋子
・受賞テーマ:「超低高度衛星搭載ドップラーライダーによる飛行経路・高度最適化システム構築」
■審査員特別賞
・受賞者:チーム さざ波
・受賞テーマ:さざ波「世界をつなぐ さざ波衛星ネットワーク」
・受賞者:チーム ハプティクスターズ
・受賞テーマ:「力触覚技術を適用したロボットアームによる宇宙での作業の高機能化」

※  高田修三「S-Booster 2017」実行委員長(宇宙開発戦略推進事務局長)の「高」は「はしごだか」

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)