梶山内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成29年10月20日

(平成29年10月20日(金) 10:26~10:27  於:中央合同庁舎第8号館1階S106会見室)

1.発言要旨


 なし

2.質疑応答

(問)ゆうちょ銀行が地域活性化ファンドを去年から広げているんですけれども、近々では九州せとうちポテンシャルバリュー投資事業に参加しましたが、こうした動きをどういうふうに評価されていらっしゃいますでしょうか。
(答)個別の取組につきましてはコメントを差し控えたいと思います。その上で一般論で言えば、まち・ひと・しごと創生総合戦略にもあるとおり、地方に投資を呼び込み、生産性が高く活力にあふれた産業を取り戻すためには、地域企業の経営改善・ガバナンスの強化が進められるとともに、リスク性資金の充実が重要であると考えております。
 地方銀行も含めていろんなファンドができつつあります。日本政策投資銀行が中心になってやっているものもあれば、地方銀行がまとまった形でやっているものもある。そういったものが、地方の産業の活性化や起業、創業などにつながっていけばと思っております。大変良い取組であると思っております。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)