内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  鶴保大臣 写真で見る動き  >  沖縄でのバス自動運転実証実験の実施に関する鶴保内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策)記者会見

沖縄でのバス自動運転実証実験の実施に関する鶴保内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策)記者会見

沖縄でのバス自動運転実証実験の実施について説明する鶴保大臣

記者からの質問に答える鶴保大臣

 平成28年12月26日、鶴保内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策)は、沖縄でのバス自動運転実証実験の実施について、記者会見を行いました。本実証実験は、沖縄振興と科学技術政策を担当する鶴保大臣のイニシアチブにより、来秋から実施予定の関東での実験に先立ち、交通環境の改善が課題となっている沖縄にて公共バスの自動運転技術の実証を行うものです。
 まず平成29年3月に、沖縄県南城市内の公道で、将来のコミュニティバスでの活用も念頭に検証を行うこととしており、鶴保大臣は、「平成29年度以降も一般道でのより実際的な実証を進め、沖縄の交通環境の改善に向けて積極的に取り組んでまいりたい」と述べました。

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)