(防災)国と地方・民間の「災害情報ハブ」推進チーム(第1回)

松本洋平内閣府副大臣(防災)挨拶

会議の様子

 平成29年4月10日(月)、松本洋平内閣府副大臣(防災)は、国と地方・民間の「災害情報ハブ」推進チーム(第1回)に座長として出席しました。
 松本副大臣は「本推進チームは昨年の熊本地震に係る検証や各団体からの要望を背景に、国や地方公共団体をはじめ、民間企業・団体等が有する災害対応に資する情報について、活用方法や共有するためのルール作りを行い、官民の相互連携、即ち『災害情報ハブ』を推進することを目的にしており」、「『基本三原則』として1国・地方・民間企業等が一体となってオールジャパンで取り組む、2情報通信技術を積極的に活用し、防災先進国として世界をリードする取組とする、3現場の災害対応力向上の視点を重視し、課題解決に資する実効性のある成果を創出する」ことによって、災害発生の都度、直面する課題を解決し、又は未然に防ぐ枠組みを構築したいとする旨を述べました。

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)