(海洋政策)リッポネン・フィンランド共和国元首相との会談

リッポネン・フィンランド共和国元首相を歓迎する松本内閣府副大臣

会談の様子

集合写真(リッポネン元首相、シウコサーリ在京フィンランド大使、スベントアドバイザーと松本副大臣)

 松本洋平内閣府副大臣(海洋政策)は、平成28年10月7日(金)、フィンランド政府の命を受け、北極に関する日フィンランド協力を推進するために来日中のパーヴォ・リッポネン・フィンランド共和国元首相と会談を行いました。
 松本副大臣は、日本の北極政策を説明しつつ、本年3月に行われた日フィンランド首脳会談のフォローアップの観点からも、北極政策の分野でも協力を進めていきたい旨、述べました。
 これに対し、リッポネン元首相からは、日フィンランド首脳会談を契機として新しいステージに入った日フィンランドの友好関係を更に推進していきたい旨述べつつ、北極海を経由してアジアと欧州を結ぶ海底通信ケーブル敷設の構想につき、説明がありました。

  (本件連絡先)
 内閣官房 総合海洋政策本部事務局
 TEL03-6257-1767 (代表)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)