(海洋政策)第3回アワオーシャン会合(Our Ocean Conference)に参加

アワオーシャン会合で日本の取り組みにつき発言する松本洋平内閣府副大臣(海洋政策)

ケリー米国務長官とSafe Ocean Network参加国との集合写真(中段右から2番目が松本副大臣)

 平成28年9月15日(木)、松本洋平内閣府副大臣(海洋政策)は、米国ワシントンDCの国務省において90か国以上の政府関係者、NGO関係者等が参加し、開催された、海洋環境問題に関する国際会議である「第3回アワオーシャン会合」に出席しました。
 同会合では、海洋保護区、持続可能な漁業、海洋汚染及び気候変動が海洋に与える影響等のテーマに関し、議論が行われました。
 日本は、IUU(違法・無報告・無規制)漁業への対策として米国が主導する、Safe Ocean Networkに日本が新たに参加すること、また海洋ごみ対策のため、日米共催でAPECの枠組みを通じ「海洋ごみに関するAPECハイレベル会議」を9月中に開催すること等を表明しました。
写真:米国務省 

(本件連絡先)
 内閣官房 総合海洋政策本部事務局
 TEL 03-5253-2111 (代表)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)