松本内閣府特命担当大臣閣議後記者会見要旨 平成29年5月12日

(平成29年5月12日(金) 9:05~9:07  於:中央合同庁舎第8号館5階共用会議室B)

1.発言要旨


 私から1点、領土・主権に関する平成28年度事業の成果公表について、申し上げます。
 本日、「尖閣諸島及び竹島に関する資料調査報告書」を領土・主権対策企画調整室のウェブサイトに、それぞれ英訳版とともに掲載いたします。また、尖閣諸島及び竹島に関する論文の英訳4本が公益財団法人日本国際問題研究所のウェブサイトに掲載されますので、併せて御報告いたします。
 今回の調査で、尖閣諸島については約330点、竹島については約340点の資料の所在を新たに確認いたしました。これらの資料は、従来からの我が国の主張を改めて裏付けるものです。
 このように、日本らしく丁寧に、客観的なエビデンスを内外に発信していくことが、我が国のやり方であります。今後も資料調査を継続していく予定でございます。
 なお、詳細は後刻、事務方からブリーフィングさせていただきたいと思います。
 私からは以上でございます。

2.質疑応答

(問)なし
(答)なし

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)