子ども霞が関見学デー

IT技術を活用した農機視察

総理大臣官邸模型のプログラミング動作説明を受ける松本政務官

音声認識ソフトの説明

北方領土学習コンテンツを見る子供たちと松本政務官

こども災害対策本部で災害対応経験を語る松本政務官

こども災害対策本部の様子

子ども達と松本政務官

 平成27年7月29日、30日の2日間にわたり、各府省において、毎年恒例の「子ども霞が関見学デー」が開催されました。
 松本洋平内閣府大臣政務官は、防災、沖縄及び北方対策、科学技術・イノベーション政策、情報通信技術(IT)政策、拉致問題、領土問題担当として、それぞれの展示ブースを視察するとともに、見学や体験学習をしている子どもたちに対して積極的に話しかけるなど、子どもたちとふれあいました。
 また防災部局では、「こども災害対策本部」が開催されており、松本政務官は御嶽山噴火災害時に現地災害対策本部長として陣頭指揮を執ったことも踏まえ、防災の大切さや避難場所について家族で話し合うなど、日頃からの取り組みをして欲しいと子供たちに語り掛けました。

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)