国家戦略特区シンポジウム

パネルディスカッションを行う平副大臣

モデレーターを務める平副大臣

 平成27年6月26日(金)、平内閣府副大臣は、都内で開催された「国家戦略特区シンポジウム」に出席し、「国家戦略特区として目指すもの」をテーマとしたパネルディスカッションのモデレーターを務めました。
 平副大臣は、「国家戦略特区は、地方創生特区や近未来技術実証特区など、新たな取組が進んでいます。現在の状況、我々が何を目指しているのか、また何に悩んでいるのか、皆様に分かりやすく御理解をいただく機会にしたいと考えています。」と述べ、今後、特区が目指す方向性について、パネラーとディスカッションを行いました。
 シンポジウムは、3つのセッションで構成し、特区指定を受けた各自治体の首長や有識者・専門家の方々が出席され、これまでの取組の成果について報告し、課題などについて意見交換が行われました。

 ※国家戦略特区シンポジウムについては、国家戦略特区シンポジウムウェブサイト(首相官邸ホームページ)別ウインドウで開きますをご参照ください。

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)