稲田内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成24年12月28日

(平成24年12月28日(金) 10:09~10:16  於:合同庁舎4号館1階108会議室)

1.発言要旨

 皆さん、おはようございます。
 今日の閣議について、私からは特にはございません。また、閣議と直接関係ございませんが、既に報道関係の皆様方には御案内させております岡田前副総理からの引継ぎについて、一言申し上げます。
 本日午前11時半より、岡田前副総理からのお申出を受け、行政改革、公務員制度改革、規制改革など、このたび私が担当することとなった業務について、御説明をお聞きする予定となっております。
 今回の安倍政権とこれまでの民主党政権とでは行政改革をはじめとする諸改革に関する考え方や手法に違いはございますが、これまで副総理として陣頭指揮をとってこられた過程での御経験や御苦労などについて、しっかりとお話を伺ってまいりたいと思っております。
 私からは以上です。

2.質疑応答

(問)NHKの志賀と申します。
 閣議の後に安倍総理とお会いされていたようですけれども、どのようなお話をされたのか、お願いいたします。
(答)閣議の後ですか。激励いただいたと、いうことです。
(問)どんな言葉でしたか。
(答)何か「頑張ってください」という、そういう感じで激励いただきました。
(問)森大臣と2人で。
(答)はい。一人ずつ入って。
(問)あと特にどんなことを頑張ってほしいと、もしあったらお願いします。
(答)それはもう全般的に。
(問)フジテレビの松山です。
 今日発表される弊社の世論調査で安倍内閣の発足直後の支持率が55%という数字なんですけれども、これが2006年の第1次安倍内閣発足時が63%ということで、それに比べると若干低い数字になっています。率直に、その数字についてどのようにお感じになるか、お聞かせ願えますでしょうか。
(答)政治全体に対して自民党から民主党に代わって、またもう一度自民党に戻ったわけですけれども、国民の皆さん方の信頼は、なかなか回復していないことのあらわれではないかなと思っております。ただ、過半数を超える方が支持をしていただいているということで、ここからどんどんと信頼も回復していけるのではないかと思っています。
(問)日本経済新聞の永澤と申します。
 昨日もお尋ねしたんですけれども、公正取引委員会のお話で、昨日大臣はできる限り早く空席を埋めないといけないというふうにおっしゃっていましたけれども、委員及び委員長を選ぶに当たって、これから公取は増税前の価格転嫁対策とかに取り組んでいかないといけないと思いますけれども、どういう視点で選ばれようというふうにお考えなのかというのをお聞かせいただけたらと思いますが。
(答)本当に公正取引委員会というのは大変重要な任務を担っている委員会ですので、その欠員が生じているということについては、なるべく早く検討していかなければなりませんので、そういう経済的な公正性とかを確保していただける、そういう観点から、幅広い観点から人選を進めるべきではないかなと思っております。
(問)NHKの志賀ですけれども、行革の推進会議、新たに立ち上げるということですけれども、これまでに、その後まとまっている、まとまっているというか、どういう考えが、進んでいる部分があれば教えてほしいんですが。いつごろとか、どういうものにしたいとか。
(答)具体的には時期等についてはまとまってはいませんけれども、行政改革推進会議の設置については指示を受けておりますので、なるべく早い時期にと考えております。
(問)どういう会議にしたいというお考えをお持ちでしょうか。
(答)それについて昨日も聞かれて、お答えをしているとおりですけれども、自民党なりの行革ということで、その計画ですとか、また立ち上げた後の推進状況とか、検証とか、そういうことも含めた会議にしていきたいと思っています。
(問)東京新聞の宮尾と申します。よろしくお願いします。
 ちょっと閣僚の仕事からは離れるんですが、大臣、靖国神社への参拝についてのお考えをお聞かせください。閣僚として、今後参拝されるお考えがあるか。それから、行くとしたら時期、いろいろ8月、終戦の日とか例大祭とか、できるだけ早くとかあると思うんですが、お考えをお聞かせください。
(答)私、安倍内閣の一員として適切に判断をして行動してまいりたいと思っています。
(問)例えば、安倍総理がいろいろ総合的な判断で行かないとなった場合は大臣も行かないということでしょうか。
(答)そういうことも含めまして、安倍内閣の一員としての自覚を持ちつつ、そして適切に判断をしてまいりたいと思います。
(問)NHKの志賀です。たびたびすみません。
 今日で一応仕事納めということに日程的にはなるんですけれども、正月はどういう形で過ごされますか。
(答)まだ本当に拝命してから2日なので、この年末年始返上でと総理もおっしゃっておりますので、年末年始の予定についてはまだ確定はいたしておりません。様々な状況を考えながら決めていきたいと思っています。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)