古屋内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成25年10月25日

(平成25年10月25日(金) 10:03~10:09  於:内閣府本府1階118会見室)

1.発言要旨

 台風26号及び27号関連について申し上げます。
 大島町におきましては、27号の接近に備えて、昨日までに高齢者あるいは障がい者の方々、127名、付添いの方も含みますけれども、島外避難を実施をいたしております。それから、今日、町長が避難勧告発令の判断をされると承知をいたしております。
 この雨については、昨日の未明、午前3時過ぎに総理からも指示をいただきまして、昨日も私、昼に緊急会見をして、国民の皆様に、土砂災害警戒情報が出れば、勧告が出ていなくても、自らの判断でしっかり避難をしていただきたいと。各社報道もしていただきましたけれども、ちゅうちょをせずにそういう行動をしていただきたい。そして、結果として空振りに終わっても、それは幸いだと思ってください。こういう趣旨のことを申し上げました。
 これは、58名もお亡くなりになっています、台風だけではなくて、一連の梅雨以降の豪雨等々、あるいは台風で。もうこれ以上、一人の犠牲者も私は出したくないという、そういう強い気持ちから、私自ら、異例のことではありますけれども、ああいう形で発表をさせていただきました。
 ちなみに、米国では、比較的前からそういった勧告を出すことはあるようでございまして、結果的にそれが空振りになったとしても、国民の皆様は良かったという認識をほとんどの国民は持つ。こういうようなこともアメリカの防災の関係者から聞いたことがございます。
 いずれにしても、適切な対応をしていく。そして、今、御承知のとおり、現地には現地災害対策室、審議官をキャップといたしまして、大島町、東京支庁、あるいは関係省庁の防災の専門家が集まって対応をいたしております。特に、地盤が緩んでいるということもありますので、万全を期して、今日、明日が一番の台風の山だと思いますので、対応をしていきたいと思っております。
 私からは以上です。

2.質疑応答

(問)台風以外のことなんですけれども。アメリカのNSAの盗聴疑惑の件なんですが、今朝の報道で、各国の指導者35人の携帯が盗聴されていたのではという報道がありましたけれども、どの国かは明らかになっていませんが、日本の情報セキュリティーの管轄する大臣としてどのように受け止めていらっしゃるか。
(答)そういった報道があるということは、私もよく承知をいたしている。ただ、昨日、官房長官からも会見でも言いましたように、日本では問題がないと認識している。現実に、私どもとしてもしっかり対応しているというふうに認識をいたしておりまして、警察側が、所管でございますが、警察もこれまでも適切に対応しておりますし、今後ともその姿勢で臨んでいきたいと思っています。
(問)今日、特定秘密保護法案が閣議決定されたかと思うんですけれども、こちら、秘密の指定が恣意的になるですとか、適正評価、プライバシーの侵害など、いろいろ懸案も指摘されていますけれども、大臣としてはどういうふうにお考えでしょうか。
(答)これは私の管轄ではありません。森大臣の管轄ではございますが、そういう懸念が払拭されるように、国会審議を通じてしっかり議論をして、国民に御理解をいただきたいと思っております。
(問)国家公安委員長の立場ですと、警察の情報というのが対象になってくるかと思うんですけれども、今後の運用について、このようにしていきたいですとか、お考えの点がありましたらば。
(答)警察は、やはりこの法案が成立をすれば、当然、この法律に運用基準をしっかり守って対応していくということで、もう申し上げるまでもないことでございます、閣法として提案をさせていただいておりますので、速やかな成立を私どもとしても期待をいたしております。その上で、警察は適切に、的確に運用をしていきたいと思っております。
(問)日経新聞の秦ですけれども。
 台風に関連して、大臣、また総理がこれ以降、視察に行かれる予定はありますでしょうか。
(答)私自身はもう先週、大島町に行っております。私は今のところ、大島町に行く予定はありません。総理のほうは官邸にお問い合わせを願います。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)