中井内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成22年5月7日

(平成22年5月7日(金) 9:46~9:55  於:内閣府本府1階118会見室)

1.発言要旨

 おはようございます。
 今日は、閣議の案件は人事だけでございました。あと、閣議の中で外務大臣から、在外公館に関する行政評価・監視の結果についてということで御発言がございました。
 閣議が終わりましてから、農水大臣代理や総務大臣や官房長官から、宮崎県における牛の口蹄疫の対策について発言がございました。
 その後、仙谷さんを初め、今回の連休中に海外へ出た閣僚からそれぞれ御報告がありまして、私も最後にオーストラリアへ行ったということだけ発言いたしておきました。
 その後、福島大臣から、連立内閣ということで基地問題について、丁寧なお言葉がございました。これに対して、何人かの閣僚から議論がございました。最後に平野さんが、「とにかく総理が明言されている5月末までに何らかの方向を決定していかなければならない。ぜひ一致した協力を。」と、こういう発言の下で終わったところであります。
 以上が閣議の報告です。

2.質疑応答

(問) ブロッキングに関して、原口大臣とは閣議前後にお話はされたのでしょうか。
(答)閣議が終わりましてから、原口さんに、「新聞でアメリカでの発言を見た。従来は、総務省の役人のほうで通信の秘密云々という話が強くて、なかなかブロッキングはできなかったのだけれども、大臣がああいう形で言っていただいて、警察としては大歓迎だと。したがって、すぐ事務方へ下ろしてくれと。協議して、本当に効果ある政策がすばやく打てるようにやっていこう」、こういうことを申し上げて、彼も「わかった」と言っておりました。
(問)韓国の哨戒艦については、その後、何かしらの報告ですとか、そういったことというのは、「天安」の事故について。
(答)これは、連日、対北朝鮮ということでいろいろな報告を受けておりますので、昨日も報告を受けましたが、大体、皆さんがつかんでおられる情報と違いはありません。
 ただ、韓国から帰りまして、官邸でも報告を申し上げたのですが、1日に上海万博が開催されて、李明博さんが行くと。その後、多分、金正日さんが北京へ行くのだろうと。その帰ってから、やはり韓国のほうで天安艇事件の原因発表があるのだろう、そういうふうに動くのではないかと言っていましたが、大体そういう流れの中にあると思っています。韓国でも申し上げてきたことですが、アメリカ、オーストラリア、イギリス、スウェーデンという国々の協力を得て、調査を慎重にやっているようでありますから、この報告を受けて日・米・韓、特に韓国がどういう対応をとるかということで、私どもも十分な協力をしていくべきだと思っています。
(問)普天間問題で鳩山総理が5月4日に沖縄を訪問しましたが、それについて政権内外から批判も出ているようですが、大臣の御所見をお願いします。
(答)政権内部から批判が出ているというのは、あまり僕は聞きません。福島さんの御発言は、社民党党首としての御発言であろうかと思いますが、関係閣僚会議でどこまで詰めているのか、どういう状況にあるのか、あるいは、それを福島さんが十分知っておりながらああいう御発言をなさるとか、ここらは少し、僕らにはわかりません。
 官房長官のところで、今、マスコミを通じて報道されているような案以外に案があるのかどうか。あるから福島さんは、ああいうことをおっしゃっているのか。なしで言っているとしたら、これは少し無責任と言わざるを得なくなりますから、社民党というお立場はわかりますが、連立政権の中で、僕は少し無責任かと。
 そういう意味で、鳩山総理も、前にも申し上げましたが、眼つきも変わり、物言いも本当に命懸けでやっているという空気は伝わってきていますから、御自分が先頭に立って沖縄や周辺の皆さん方に説得する、お願いするということは、決して悪いことではないと思っています。手順、あるいは時期、いろいろその人その人の政治的な考えでやり方がありますから、僕ら的にどうだこうだということは、総理のことでもございますから、批判とか評価とか、そういうことは慎むべきだと思っています。また、だけど、全力を挙げておやりになる、このことは非常に結構なことだと思っています。
 また、地域の皆さんや行政の長にある方々も、ぜひ冷静に総理のお話をお聞きいただいて、それぞれの御評価をいただきたい、こんなふうにも思います。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)