中井内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成22年3月5日

(平成22年3月5日(金) 8:44~8:54  於:衆議院議員食堂)

1.発言要旨

 おはようございます。
 閣議は、いつもどおりの案件の処理をいたしました。その後、2人の大臣から発言がございました後、閣議後閣僚懇に入りまして、ここで前原さんから天下りの問題について、60までで勧奨対象みたいにしているのが、国交省で五百数十人いると。この人たちを60まで仕事についてもらい続けると、ほとんど新規採用なんて採れなくなると。ここの間をどういうふうにするのかという問題提起あり、仙谷さん、枝野さんを含めて、それぞれから御発言があり、また直嶋さんを含めて、国民新党の亀井さんを含めて発言がございました。
 根幹的な、また大きな仕切は、枝野さんのところで時間をかけてやっていただくとして、当面どういう対応をするかということについて、枝野さんと仙谷さんのところで早急にまとめると。そして、各省統一してやるということになりました。ここら辺を下手なやり方をしますと、民主党の公務員改革の根幹が揺らぎますし、また中途半端にやりますと勤労意欲をそぐということもあるかと。非常に難しいところを、仙谷さんや枝野さんに十分頑張ってほしいと思っています。
 以上です。
 各社からお問い合わせのあります金賢姫さんについて、某民法テレビが報じられたことは、私は全く関知していません。金賢姫さんをお招きしたいということで準備を始めたことは間違いありません。しかし、まだ韓国政府に正式に伝わっているかどうか、ぎりぎりの段階というふうなところですから、結論が出ているということはあり得ないことでございまして、相手方の御返事を待っているというところでございます。また、法務大臣には、もし入国するということになったら、入国について御配慮を賜りたいというごあいさつに行きまして、前にも申し上げましたように、事務方で話をしています。また、警察におきましても、どういう対応をするかということについて、対応の協議を始めてもらっております。先週、外務大臣にも、こういうことでお招きをしたいと申し上げたところでございます。

2.質疑応答

(問) 今の話で、警察のほうでの対応、協議というのは、具体的にどんな点を協議されているんでしょうか。
(答)警察は、旅券法違反ですから、もし日本へ入国されたら、当然取り調べをやらなければなりません。これについて、特別配慮ができるかどうかということについて、お願いをしているところであります。
(問)法務大臣へごあいさつをなさったということですが、いつごろのことですか。
(答)今週の初めです。
(問)先ほどの閣僚懇でのお話で、各省統一してやることになりましたというのは、これは。
(答)人事でみんな各省肩たたきみたいなことをやっているわけでしょう、定年間際にどうだこうだという。それをどういうふうに各大臣が対応するか。待てというのか、やめろというのか、今までどおりやっていいというのか、決めなければなりませんから。それをばらばらでは、農水大臣なんかは従来どおりにして、やめさせずに、現役で出向させろと言っているわけですね。そういう処理で当分の間やるのかと。そうすると、これから枝野さんところで独法やら仕分けをして、なくしちゃったところへ出向した人はどうするんだとか、やっぱりいろいろあるわけでしょう。そういうのをやっぱりみんなでばらばらにやらずに、統一してルールを決めてやるわけ。だけど、1年か2年たったら大枠は決まるから、それはそれでまたしようと、こういう話です。
(問)先ほど岡田外務大臣もそういう方向でやりたいとおっしゃっているというお話だったんですけれども、岡田外務大臣のほうも……
(答)そういう方向、岡田君が、そういう方向でというのは、金賢姫のことですか。
(問)そうです。
(答)いや、何も。岡田さんはわかりましたと言っただけですよ。
(問)それは了承をされたということなんでしょうか。
(答)反対ですとは言わなかったな。困りますとも言わなかったな。
(問) 基本的に、韓国方の交渉は、外務省を通じてという、そういう正規のルートでやっているということでよろしいでしょうか。
(答)外務省を通じて、また金賢姫さんを預かっているところもありますから、そこへも仁義を通してというところだと思います。静かに、ぜひお願いいたしますよ。騒ぎ立てたら、来れなくなる可能性がありますから。嫌味じゃなしに。
(問)韓国政府にちょうど言ったかどうかぐらいだというお話ですが、実際にまだ正確にはわかっていない。
(答)言っていると思いますがね。
(問)韓国側の一番の窓口はどちらになりますか。
(答)知りません。僕にそんな細かいことを聞かないでください。すぐ問い合わせするんだから。静かに。去年、耕一郎さん以下御家族の方が会いに行ったときも、釜山でしたからね。それじゃ釜山にお住まいかというと、それは違うんだと。違うというか、わからない。だから、まだ韓国においては非常にデリケートな存在だろうし、韓国政府やいろいろな機関も、非常に神経質に対応されていますから、日本へ出したときの日本の反応というのをやっぱり気にしていらっしゃるんだろうと僕は思います。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)