中井内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成22年2月12日

(平成22年2月12日(金) 8:28~8:38  於:衆議院議員食堂)

1.発言要旨

 おはようございます。
 今日は、公務員制度改革本部の会合が流れまして閣議のみとなりました。
 閣議のほうは、いつもどおりの一般案件や法律や人事等、処理をいたしまして、閣僚懇に入りまして、閣僚懇では、岡田さんから韓国帰りの報告があり、官房長官から今日の公務員制度改革の法案の決定が少し調整が残るということで、さらに検討ということで、変更したということについてのお断りがありました。
 また、17日にクエスチョンタイムがほぼ行われる見通しで、自民党さん、公明党さんという初めての野党2党党首とのクエスチョンということになりそうだという報告があったところでございます。
 また、石川君の離党問題については、昨日6時半、党本部に届けが出たという報告がありました。
 総理から珍しく御発言があり、公務員制度改革、さらに一層調整をしていただきたいと。しかし、いずれにしろ、本格的なことはまだまだこれからもあるから、自分としても思い新たに頑張っていきたいという言葉と、クエスチョンタイムも頑張るので、初めてのことだからよろしくとのことでごあいさつがございました。
 それが終わりましてから、枝野さんが初閣僚ということで御紹介が重ねてあり、あいささつがございました。
 なお、枝野さんの席は、私と福島大臣との間になりまして、私も亀井さん、福島さんとの間に挟まれて窮屈な思いをしてきましたが─、そんなことないか、枝野さんが入って新しい感じになったなという思いで激励をいたしておきました。
 以上です。

2.質疑応答

(問) 先日起きました18歳の少年が女性2人を刺して、かつ殺された。これ、警察にも相談があった事案でしたけれども、どのような点に問題があったのかと。
(答)事案が起きた当時、また少年を確保した時点、それぞれ報告がありましたが、詳しい報告はまだ今日の後になろうかと思っていますので、それらを聞いて判断をしたいと思っています。
 いずれにしても、幾つか警察が相談を受けている中で、こういう悲惨な事件が起こったということ、まことに残念に思っています。十分調べて、警察の対応として誤りがなかったかどうか含めて判断をしていきたいと思います。
 しかし、最近は、何か切れやすい若者というのか、信じられないような事件を起こすというのも、社会現象とはいえ、本当に日本人がどんどん変わっていっておるなという気がして、非常に寂しいというか、同時に政治としてもっと社会のこういう変化に対応して、もっと柔和や、穏やかな社会になるように努力しなきゃならないと改めて思います。
(問)先ほどのお話で、石川議員が昨日離党届を出して、議員辞職はされないという御判断ですけれども、再三大臣は進退は御本人でとおっしゃっていますが、改めてどのように見られますでしょうか。
(答)当人は、選挙区でまず説明をして、そして、後援会で一任をとりつけて、強い意思を示したわけですが、いろいろなことを総合的に判断されて届けを出されたということで、私は一つのけじめということで結構なことだと、当然だと思っています。
 まだ彼に対する起訴の状況やら、いろいろなものを見ていないものですから、一度ゆっくり見てみたいなと思っています。
 ただ、雑談になって恐縮ですが、昨日12時ごろテレビを見ておったら、あれは何チャンネルだったかよくわからなかったんですが、けしからんと、24億の虚偽記載だという解説員がいたな。24億なんですか。
(問)いろいろな時期のを足し算していくと。
(答)そんな勝手な理屈はないよ、君それ。24億では僕はないと思うがな。そんなふうに膨らますのはよくないなと僕は思うわな。僕の認識している事案とちょっと違うことかなと思って、そこら辺も含めてきちんと確かめてみたいと思っています。
 ありがとうございました。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)