前原内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成21年11月6日

(平成21年11月6日(金) 8:56~8:59  於:院内内閣記者会3)

1.発言要旨

 私からはありません。

2.質疑応答

(問)日本航空が昨日16路線の廃止を発表しました。それについての評価をお願いします。
(答)昨日発表された16路線につきましては他の航空会社等が運航しているということで空白になったり、或いは航空機が飛ばないということにならない訳でありますが、今後更なるリストラ計画が出て来た場合には飛ばない路線が出て来る可能性がありますので、それは従来から申し上げているように時限を区切って何らかの支援策を検討中でございます。
(問)北陸新幹線ですが、新潟県知事が国地方係争処理委員会に申し立てをするという報道がありますけれども。
(答)私も報道で知っただけですので、詳しい中身は知りませんのでコメントは差し控えたいと思いますが、ただテレビを見る限りにおいては国土交通省の鉄道局は懇切丁寧な質問に対する回答をしておりますので、何ら回答がないとか話し合いがないというのは事実に反するということでありますし、また我々は法律に則ってやっていることでありますので、今後理解を求めていきたいと思います。

(大臣)日本航空のOB年金について一言だけ申し上げます。憲法で様々な権利が保障されていますのでOBの方々が日本航空の年金について主張されることは正当な権利だと思います。しかし、会社が大変な状況にあり現在働いている方々がリストラを余儀なくされる、路線もリストラを余儀なくされる、また給料も下がると。そして、もしもこういった年金等のレガシーコストがカットをされなければ会社の存続自体も非常に厳しい状況であるということをトータルで判断をして、OBの方々も私は行動して頂きたいということをお願いしたいと思っています。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)