小渕内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成21年9月11日

(平成21年9月11日(金) 10:31~10:34  於:内閣府本府1階118会見室)

1.発言要旨

 おはようございます。
 特に私からはありません。
 以上です。

2.質疑応答

(問)何度も恐縮なんですが、八ッ場ダムの関係で、これから地元選出の議員としてどんな働きかけを、この間も方向性を聞きましたけれども、具体的な活動を教えてください。
(答)昨日も地元の方で協議会が開かれていましたけれども、その発起人に私も入っております。八ッ場ダムについては、建設中止というようなことでいろいろと話題を呼んでますが、協議会を通じて、地元の声というものをしっかり聞いていただきたいと思います。また、八ッ場ダムの今後の利水の面、治水の面での必要性というものも御理解をいただきたく、実際、水利権が発生していて、一都五県においては利水・治水両面からその必要性が言われております。地元の声だけでなく、そうした必要としているところの声もしっかり聞いていただいて、今後の御判断をいただきたいと思います。私は、建設的な、また現実的な結論を導き出していくために地元とのパイプ役になっていきたいと思っています。今後は、国土交通大臣どなたになるかわかりませんけれども、そのあたりの現状というものをしっかり御理解いただけるように力を合わせていきたいと思っています。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)