佐藤内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成21年5月26日

(平成21年5月26日(火) 8:55~9:02  於:中央合同庁舎4号館819号室)

1.発言要旨

 おはようございます。
 閣議での御報告でございますけれども、クールビズ期間における「かりゆしウェア」の着用についてということで、本日の閣僚懇談会において、官房長官及び環境大臣からクールビズの実施についての御発言がございました。
 また、これに関連いたしまして、官房長官からは、6月2日の閣議において、各閣僚に「かりゆしウェア」の着用をお願いしたいとの御発言がありました。
 「かりゆしウェア」の普及促進は、沖縄の産業振興にとっても非常に重要でございまして、私からは、各閣僚に対しまして理解と協力をお願いたしました。
 これを機に、「かりゆしウェア」がさらに普及することを期待しております。
 なお、本日、この建物の1階食堂内において「かりゆしウェア」の展示即売会が行われることとなっておりまして、私も足を運ぶ予定であります。皆さんもよろしかったらぜひ来ていただきたいと思います。
 詳細は沖縄政策統括官付の総括担当までお問い合わせをいただきたいと思います。
 以上です。

2.質疑応答

(問)閣議で、北朝鮮の核実験を受けての指示等はございましたでしょうか。
(答)指示ではございませんでしたけれども、話題にはなりまして、全体的な雰囲気として、なぜこの時期に核実験なのかよく分からないといったような発言がございました。いずれにいたしましても、核実験について、これを容認するような話は絶対あり得ないわけでありまして、大変遺憾なことだと思いますし、こういう行動に対して、何が出来るかということをしっかりと今後考えていかなければいけないのではないかなと思います。
(問)関連ですが、総理から何か御発言等はございましたでしょうか。
(答)今言ったような発言でした。
(問)明日、党首討論があるんですが、鳩山さんになってから初めての党首討論ですが、どんな論戦を期待されてますか。
(答)(党首討論は、)しばらく行われていないわけでありますが、いずれにいたしましても活発な論戦を期待したいと思います。もちろん、麻生総理もいろんな答弁や質問を用意されていると思いますので、両党首の「らしさ」を出していただいて、しっかりとした討議をしていただければ有り難いなと思います。
(問)その際、鳩山代表は、西松建設の話を自らすべきだと思いますか。
(答)そこまで、私が申し上げるのは如何なものかなと思いますが、いずれにいたしましても、例えば麻生総理が疑問に思っていることだとすれば、しっかりと答えていただきたいと思いますし、鳩山さん自身の思いがあるんだとしたら、そこは国民に対する説明責任というものをしっかりと果たしていただくということが大切なのではないかなと思います。
(問)核実験について、大臣御自身としての御所感をお聞かせ下さい。
(答)正直、とんでもないことをしてくれたもんだなという思いがいたします。日本に非常に近いところで、被爆国である日本というものをきっと意識してやっていないとは思えないわけでありまして、こういう行動に対して、いろんな意味でしっかりとした対応をしなければいけないと思います。
(問)(核実験に関する)総理の発言についてなんですが、何でこの時期に行われたのかという話以外に、具体的な発言は何かございましたでしょうか。
(答)ありませんでした。
(問)クールビズに関して、官房長官と環境大臣からは、6月1日から、いつも毎年のように9月30日までクールビズという御報告があったということでよろしいですか。
(答)あと二階大臣ですかね。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)