野田内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成21年5月22日

(平成21年5月22日(金) 8:33~8:39  於:第4合同庁舎6階605号室)

1.発言要旨

 おはようございます。
 本日の閣議におきまして、私の関係では、平成21年版犯罪被害者白書を決定いたしました。
 本白書では、被害者参加制度の導入や犯罪被害給付制度の拡充など、「犯罪被害者等基本計画」策定後3年の取組を振り返るとともに、平成20年度に政府が講じた犯罪被害者等施策についてまとめています。
 また、本日の閣議では、お手元の資料のとおり、閣僚各位に対し、犯罪被害者等施策の推進に一層の御尽力をいただくようお願いいたしました。
 詳細については、共生社会政策担当までお問い合わせください。
 そのほか、私から2件ございます。
 1つ目には、お手元の資料のとおり、新型インフルエンザについて、この冬にも想定される「第2波」に備えて、必要な研究開発への対応を行っていくことにいたしました。総合科学技術会議の方針に基づいて、科学技術振興調整費を活用した緊急研究として、「臨床現場において、新型インフルエンザを簡便、迅速かつ正確に診断する方法を開発する研究」等について、厚生労働省の国立感染症研究所等を中心に文部科学省の関係機関も連携して実施し、約半年で研究成果を得て対策に役立てていくこととしております。
 2つ目に、お手元の資料のとおり、明日、岐阜県にある核融合科学研究所を視察いたします。我が国の原子力政策を担当する閣僚として、核融合研究が行われている現場を直接自分の目で見たいと考え視察することにいたしました。
 現地では、大型ヘリカル装置等を視察する予定で、核融合研究に関する知見を深め、今後の原子力政策を進める際の参考としたいと考えています。
 以上2点の詳細は、科学技術政策・イノベーション担当までお問い合わせください。
 私からは以上です。

2.質疑応答

(問)新型インフルエンザ対策ですが、振興調整費の枠として、どの程度の金額を見込んでいますか。
(答)金額については、まだ決まっていませんが、私からの注文としては、この冬に間に合うようにと、検査がしっかりできるようにということを申し伝えております。まだ、決まっておりませんので、決まったら御報告申し上げます。
(問)現在、厚労省分割案が浮上しており、社会保障省と国民生活省に再編するという案も挙がっています。国民生活省の方に消費者庁も関連するのではないかという声もありますが、その辺りをどのようにお考えでしょうか。
(答)まだまだ何も。私の方にはそういった具体的な話が来ておりません。
 ただ、予算委員会で舛添厚生労働大臣の隣に座っているのですが、他の大臣に比較してかなりの答弁数ですから、忙し過ぎるのかなと個人的には同情しているところです。厚労省のお仕事は、どれもこれも大切な仕事ですよね。舛添大臣は優秀な方だからこなしておられますが、客観的に考えれば、今の厚生労働省は、少し間口が広すぎるのではないか、ありとあらゆるものを受け止めていて大丈夫かなという個人的な懸念はあります。
(問)JAXA(宇宙航空研究開発機構)の移管の問題について、昨日でしたか、内閣府への移管を断念したと河村官房長官のところへ話をしに行ったという記事が出ていましたが事実関係はいかがですか。
(答)某新聞社1社が書いておりましたが、実は19日の官房長官訪問時にそういう話を私はしておりませんので、そもそも前提が違っているのではないかなと思います。
 ただ、JAXAに関して言えば、宇宙基本法ができたということは、当然、これまでの政府の宇宙開発の取組とは変わっていかなければならない中で、当然俎上に上がっている問題です。とはいえ、宇宙開発戦略本部の下に宇宙開発利用体制検討ワーキンググループがありまして、そこで議論を現在も続けているわけですが、まだその場での結論も出ておりませんので、あの記事は申し訳ありません、書かれた方には恐縮ですが、事実ではありません。
(問)JAXAの扱いについての4案のどれにするかの結論はまだ出ていないのですか。
(答)出ておりません。
(問)関連で、来週火曜日に宇宙開発戦略専門調査会がありますが、そこでまとまる基本計画案には、JAXAをどうするかという結論は盛り込まないということでしょうか。
(答)ありません。元々、基本計画に書き込むという縛りもかかっていませんし。
(問)そうすると、夏以降と言いますか、元々夏頃が目処だったと思いますが、8月ぐらいになるのでしょうか。
(答)夏もいろいろですからね。
(問)厚労省分割の関係で、遅くとも2~3カ月で次の衆院選があるという時間的な状況の下で、省庁を再編する今回の案件について、スケジュール等を含めて、どのように検討を進めていくべきだとお考えですか。
(答)私は、まだ何も具体的な話を聞いていませんので。総理、それから与謝野大臣ですかね、担当の大臣は、そちらの方から発信があると思います。
(問)新型インフルエンザに絡んで、大臣は先ほどマスクを着けていましたが、体調はいかがですか。
(答)体調は芳しくありません。私の場合は単なる風邪なのですが、小渕大臣もいらっしゃいますし、皆様方に迷惑をかけないようにマスクをさせていただいております。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)