林内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成20年9月9日

(平成20年9月9日(火) 10:35~10:37  於:警察庁18階第4会議室)

1.発言要旨

 本日の閣議では、総務大臣から平成21年度機構・定員等の要求の審査に当たっての方針について発言がありました。その中で、「メリハリのある定員配置の実現」に言及されましたが、治安や安全・安心については、本年7月機構・定員の閣議了解において政府の重要施策とされています。非常に厳しい治安情勢の中で、FIUの機能強化、組織犯罪対策、国際テロ対策等々、様々な分野において国の役割がますます大きいものとなってきており、治安再生に向けて、国の警察職員について、体制の充実を図る必要があると考えています。
 以上でございます。

2.質疑応答

(問)大阪の精米業者による事故米の食用転売が明るみになりましたが、これについての警察の対応は今後どのようになっていくのでしょうか。
(答)いろいろと報道されているところですが、福岡県が業者に対して回収を命令したと聞いています。警察としては農水省と連携して事実関係の把握に努めているところであり、刑罰法令に違反する事実があれば、厳正に対処することになります。
(問)相撲界の大麻使用問題について、大臣の所感をお伺いします。
(答)現在、所要の捜査を行っていると聞いておりますが、個々の案件に関しては、コメントを差し控えさせていただきたいと思います。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)