泉内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成20年4月22日

(平成20年4月22日(金) 9:23~9:25  於:衆議院 分館1階 エレベーターホールぶらさがり)

1.発言要旨

 今日の閣僚懇談会では、総理から「政策のたな卸し」について発言がありました。官房長官から政府における無駄の徹底的な排除に向けた集中点検についてお話がございました。
 改正道路交通法の規定のうち、高齢者標識の表示義務付けや自転車の通行ルールに関する規定等が6月1日から施行されることになりました。国民の皆様に新たなルールを徹底していただくようご協力をお願いしたいと思います。
 以上でございます。

2.質疑応答

(問)自転車の通行方法等について、交通の方法に関する教則が改正されましたが、何か所感はありますか。
(答)今回の道交法改正では、自転車の通行ルールに関して、お子さんやお年寄りの方が標識がなくても歩道通行できるなど、実態に即した施策が盛り込まれております。
 自転車の3人乗りの問題については、お母さん方の強い要望と安全確保の両方の観点から、警察庁において、十分に検討しているところです。
(問)聖火リレーに関して、昨日新たなルートが決まりましたが、警備の在り方についてお伺いします。
(答)ルートが変更されたことについて、主催者側から長野県警察に対して連絡があったことは承知しています。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)