閣議における大臣発言(フィリピン訪問について)

1 私は、7月7日から9日にかけて、フィリピンを訪問し、ASEAN+3科学技術閣僚会合及び第2回アジア地域科学技術閣僚会合へ出席してまいりました。

2 ASEAN+3科学技術閣僚会合は、ASEAN及び日本、中国、韓国の13カ国による会合であり、アジア地域科学技術閣僚会合は、ASEAN+3科学技術閣僚会合に参加する国に、インド、オーストラリア、ニュージーランドを加えた16カ国による科学技術閣僚会合であります。両会合において、私からアジア地域との科学技術協力を強化するための我が国の取組を紹介し、今後のアジア地域での科学技術協力の方策等について議論を行ないました。

3 特に、アジア地域科学技術閣僚会合においては、私から、アジア地域の優れた科学技術人材の循環を推進する「アジア頭脳循環推進構想」を提案するとともに、この構想を具体的に促進するために、アジア地域の科学技術人材の育成や交流に関する情報を各国に提供する「アジア科学技術人材情報プラットフォーム」を形成することを提案し、各国から賛同を得ました。

4 今般の本会合に関する結果を具体的な成果に繋げるよう、関係機関とも連携しつつ、努力してまいります。

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)