岸田内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成20年6月13日

(平成20年6月13日(金) 9:45~9:50  於:中央合同庁舎4号館819号室)

1.発言要旨

 おはようございます。
 本日の閣議では、一般案件が2件、国会提出案件が27件、法律の公布が15件、政令が1件ありました。
 今日は私から2つございます。
 初めに、お手元の資料のとおり、第8回目の消費者行政推進会議を本日官邸で開催することといたしました。今回の会合では、推進会議の取りまとめを行っていただく予定であります。今後は、本会議での取りまとめに沿って、早急に政府としての方針を決定し具体化していく予定です。詳細は、内閣官房消費者行政一元化準備室までお問い合わせください。
 2つ目ですが、本日、福井県敦賀市にある日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」を視察いたします。運転再開に向けて準備が進められている現場を直接自分の目で見たいと考え、視察することにいたしました。改造工事現場等を自らの目で見て、職員との意見交換を行うことを通じて、今後の原子力政策を進めるに当たっての参考としたいと考えております。
 また、14、15両日には、京都にて「第7回産学官連携推進会議」を開催いたします。今回の推進会議では、私も14日に「革新的技術戦略~国際競争力強化と世界的課題解決に向けて~」と題した基調講演を行う予定としております。
 15日の日曜日には、沖縄の名護市でG8科学技術大臣会合を開催いたします。本会合は、G8として初めて開催する科学技術大臣会合であり、G8を含む15カ国とEUの大臣等と、1つは「地球規模課題の解決に向けた国際協力による取組み」、2つ目として「アフリカ等の開発途上国との科学技術協力」、3つ目として「研究開発のリソースに関する協力」、この3つの議題について議論を行う予定です。本会合の結果については、議長総括として取りまとめ、会合終了後に現地で行う記者会見において、私から説明することとしております。
 また、G8科学技術大臣会合終了後の16日には、沖縄県が主催する「サイコロ地球塾2008」というイベントに参加し、沖縄の子どもたちと対話を行うこととしています。その際に、お手元の資料のとおり、本年8月に沖縄で開催される「アジア青年の家」に参加が決定した高校生の代表者5名とお会いする予定でおります。詳細につきましては、科学技術・イノベーション担当及び沖縄政策担当にお問い合わせください。
 私からは以上です。

2.質疑応答

(問)今日、推進会議で最終報告をまとめると思うのですけれども、先ほど「早急に政府の対応を具体化していく」ということであったのですが、基本計画の閣議決定の時期というのは、早ければいつ頃をメドというふうに考えていらっしゃいますでしょうか。
(答)順番として、取りまとめをいただいたならば、これに基づいて基本計画を作り、そしてその上で、与党の党内手続にお諮りするということになるかと思います。その手続がどのぐらいの時間を要するのか、それによって、その後に来る閣議決定の時期が決まってまいります。できるだけ速やかに、与党の関係者にも御了解をいただきたいと思っていますが、その手続に要する時間については、まだはっきりしたことは申し上げられないところです。
(問)基本計画を作り終わるのは、今月中ということもあり得るのですか。
(答)基本的には、今日、消費者行政推進会議で決定していただく取りまとめの内容に基づいて基本計画を作ることになりますので、基本計画の策定自体には、それほど長い期間は要しないと考えております。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)