高市内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成18年10月27日

(平成18年10月27日(金) 9:45~9:50  於:合同庁舎4号館6階会見室)

1.発言要旨

 本日の閣議は、一般案件が4件、国会提出案件が16件、法律案が4件、政令が4件、配布が2件あり、私どもからの主請議はございません。
 昨日、官邸で総理御臨席の下、第1回イノベーション25戦略会議を開催しました。皆様に御取材いただき感謝申し上げます。詳細は昨日、黒川座長からブリーフさせていただいたため御承知と思いますが、各委員から非常に有益なコメントを頂戴することができ、とても良いスタートを切れたと思います。生活者の視点を大切にして、多くの納税者の御理解と御協力を得ながら、技術革新にとどまらず、生活や社会制度の刷新を行っていきたいと思います。
 20年後の明るい元気な未来、豊かな社会をつくるというための議論を精力的に進めて行くため、内閣府のホームページのアドレス、www.cao.go.jpにイノベーション25のサイトを新設しました。このサイトは、イノベーション25戦略会議の議論を皆様に広く紹介することが目的ですが、20年後にこの様な技術が有って欲しいとか、生活や社会制度がこの様に変わると良い等の御意見を国民の皆様から本日より12月31日までの間、募集いたします。御意見は戦略会議にフィードバックしたいと思います。技術的に検証をしながら皆様参加の下で戦略を作っていきたいと考えています。皆様に御協力いただき、国民の皆様にとって夢のあるプロジェクトでございますので、広く御参加をいただきますようにお願いを申し上げます。
 私からは以上でございます。

2.質疑応答

(問)イノベーション25戦略会議委員のコメントの中で印象に残った発言はありましたか。
(答)各委員より非常に面白い視点をいただきました。技術革新に関して、例えば自動車内の様々な装備は進化しているが、ワイパーは余り進化しておらず、ワイパーのない車や形状が全く異なるワイパーも考えられるのではないか等、アイデアが広範に出ていたと思います。燃料電池が小型化されてパソコン等に気軽にセットできるようになっているだろうとの土井宇宙飛行士のお話を紹介したところ、委員からは、ソーラーエネルギーを利用して電池のない社会が実現できるのではないかといった面白いお話もありました。また、心の豊かさを含めた心の刷新や社会制度の刷新に関して様々な御提案をいただきました。詳しいお話は座長からも御報告できると思いますし、一定期間を過ぎれば論点別に皆様に御報告できると思います。
(問)11月の沖縄知事選ですが、大臣は応援に入る予定が現在ありますか。
(答)ありません。
(問)沖縄入りしないことになりますか。
(答)特に党務としてお話をいただいておらず、仮定の話にはお答えできないということです。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)