溝手大臣記者会見要旨 平成19年5月25日

(平成19年5月25日(金) 8:49~5:54  於:参議院議員食堂)

1.発言要旨

 おはようございます。
 閣議では、「平成18年度食料・農業・農村白書」について、「平成18年度エネルギーに関する年次報告」について、尾身財務大臣から「平成18年度の国際収支に関する報告書」などがございました。
 警察庁関連では、刑法の一部を改正する法律が成立いたしましたので、それに関連する警察法施行令及び道路交通法施行令の一部を改正する政令が決定されたところでございます。

2.質疑応答

(問)昨日、宇都宮地裁で、猟銃の認可について警察側に厳しい判決が出ましたが、御所見がございましたらお聞かせいただきたいのですが。
(答)あの判決には私としては大変驚いたのですが、いずれにしても、隣人を攻撃する目的で散弾銃を使った事件が起こったわけですから、亡くなった方は非常にお気の毒と思いますし、撃った男はまさにけしからんと思います。許可の業務の中には形式的に流れているものがあるかもしれません。また、猟銃の許可については、鳥獣による農業被害を守る団体から、むしろ緩和せよという意見もありまして、実は警察も困っております。当該事件については、どこまで警察の過失があるのか、警察の判断は果たして正しかったのかということをもう少し勉強させていただきたいと思います。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)