大田内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成19年2月27日

(平成19年2月27日(火) 8:54~8:56  於:衆議院議員食堂前ぶら下がり)

1.発言要旨

おはようございます。
 今日の閣議では、H2Aロケットの打上げについて発言がありました。
 その後閣僚懇談会で、激甚災害指定基準とイノベーション25中間とりまとめについて御発言がありました。
 私からは以上です。

2.質疑応答

(問)グリーンスパン前議長が、アメリカの景気は年末までに後退するという見通しを示しましたが、大臣は、アメリカ経済、日本経済の見通しをどのように御認識か改めてお伺いします。
(答)グリーンスパン前議長の御発言は、少し企業収益に陰りが出てきていることを根拠に仰っていたと思います。まだ詳細、発言の全文は読んでおりません。ただ足元で見ますと、住宅ローンの不払いの懸念があるというニュースも流れていますが、住宅投資も底を打った感がありますし、アメリカ経済はソフトランディングの可能性が高まっていると見ております。グリーンスパン前議長のお話も、少し先をにらんでのものだったと思います。
 日本経済は消費がやや弱いという状態は続いていますが、景気の基調は変わっていないと見ております。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)