内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  共生社会政策トップ  >  青年国際交流

青年国際交流

内閣府の青年国際交流事業は、航空機による派遣・招へい事業及び船による多国間交流事業を通じた日本と諸外国の青年の交流により、青年相互の理解と友好を促進するとともに、青年の国際的視野を広めて、国際協調の精神を養い、次代を担うにふさわしい青年を育成することを目的としています。

各事業において、我が国及び諸外国の参加青年は、世界的視野に立った共通課題の意見交換、自国の文化の紹介などの各種交流活動や、産業・文化・教育施設の視察、ホームステイなどの活動を行い、友好、親善を深めます。

また、各事業に参加した日本青年たちは、日本青年国際交流機構(IYEO)を組織し、海外で得た貴重な体験をいかし、地域社会、あるいは職域などにおいて社会貢献及び国際理解・協力等の促進のための諸活動を行っています。

外国青年たちは、国ごとに事後活動組織(「東南アジア青年の船」事後活動組織及び「世界青年の船」事後活動組織)を組織し、様々な社会貢献活動や日本とのつながりを維持する活動を行っています。

新着情報

2016年4月4日
平成28年度 日本参加青年追加募集!

内閣府青年国際交流事業

歴史と沿革 内閣府青年国際交流事業の歴史について
事業一覧 平成27年度実施中の事業
平成28年度 日本参加青年募集! 平成28年度実施事業 日本参加青年募集について
日本参加青年の募集について 内閣府青年国際交流事業に参加する日本参加青年の選考試験や事業参加までの流れ
説明会・報告会情報 内閣府が実施する事業説明会及び事業参加者報告会の開催案内
広報資料 ポスター及びリーフレットを掲載

平成26年度事業実績

国際青年育成交流事業 航空機による拠点滞在型で共同体験交流を中心とした密度の濃い国際交流活動
日本・中国青年親善交流事業 日中平和友好条約の締結を記念した、日本と中国両国政府の共同事業
日本・韓国青年親善交流事業 日韓共同声明及び日韓国交正常化20周年を踏まえた、日本と韓国両国政府の共同事業
「東南アジア青年の船」事業 日本とASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国の共同声明に基づいて始められた共同事業
グローバルユースリーダー育成事業
「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」
国際社会や地域社会において活躍し得る人材(グローバルリーダー)の育成を目的とした事業
青年社会活動コアリーダー育成プログラム 高齢者・障害者・青少年の3分野に係る社会活動の中心的担い手となる青年リーダー育成を目的とした事業
報告書 平成26年度実施事業の報告書

事後活動

事後活動組織 内閣府青年国際交流事業の事後活動組織の紹介
国内活動 日本の既参加青年が実施している事後活動
国際的な活動 海外の既参加青年が実施している事後活動
機関誌 「東南アジア青年の船」事業及び「世界青年の船」/グローバルリーダー育成事業/グローバルユースリーダー育成事業「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」の事後活動組織による機関誌
既参加青年の活動事例集 日本の既参加青年による声

効果の測定及び評価・公表

検討会 実施した検討会の報告書
調査研究 内閣府青年国際交流事業の既参加青年等に対しアンケート等の調査研究を実施

リンク

自分の街の国際交流 各都道府県が実施している国際交流事業
関連団体等
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)