分権クローズアップ[地方分権改革の旗手] 第7回 藤枝市 その3

分権クローズアップ[地方分権改革の旗手コーナー]では、各地方の「地方分権改革の旗手」の方から、それぞれの地域における地方分権改革の取組や成果について紹介をしていただきます。第7回は、静岡県藤枝市 市長公室行政経営課の秋田弘武 課長から寄稿いただいた記事を3回に分けて掲載します。今回は、その3となります。

藤枝市 藤枝型新公共経営のページ

4 分権改革の取組を担う「人財」の育成~藤枝型新公共経営~

これらのものをはじめ地方自治体で取組や改革を担っているのは職員です。特に、市町村であればこそ、地域の現状をリアルに受け止め、住民のウォンツを肌身で感じられる基礎自治体の職員ならではの政策立案ができるものと考えます。藤枝市では、これを担う自発し、創造する職員こそが分権改革の礎となると考え、職員の育成・活用を進めています。

一般に「新公共経営」では、民間セクターの公共への参加を促し、職員や予算を「削る」「切る」の改革が行われますが、本市の「藤枝型新公共経営」では、職員を「人財(たから)」と捉え、その力を最大限に発揮させて、生産性を高め市民サービスの最大化を図る取組を進めており、そのいくつかを紹介します。

(1)若手職員プロジェクトチーム

若手職員プロジェクトチームは、20~30代の職員が横断的に参画し、自らテーマを設定して調査・研究し、具体的な施策を提案します。プロジェクトチームの活動を通して職員の政策立案能力を高めるとともに、実現性の高いものについては、市長の判断のもと予算付けされ、実施されます。先進的かつ実践的な提案が多く出されていて、例えば、あるプロジェクトチームからは数年前に次のような提案がありましたが、今まさに地方創生のなかで検討されている課題で、地方からの政策提言の先駆けにもなりうるようなものとなりました。

【事例:プロジェクトチーム提案要旨】

本市が有する豊かな自然、活発な飲食業、市民の高い環境意識といった強み・資源を生かし、環境を切り口に「プラス資源の活用」「マイナス資源のプラス化」をコンセプトに地域づくりについての提案を行った。

中山間地域に設置する公設民営の温泉施設への熱源供給を中心に、「①生ごみ残さ・牛糞を活用した地域完結型エコサイクル(事業系生ごみ⇒堆肥化(熱利用)⇒農業生産⇒飲食業)」「②間伐材・竹を活用したエコサイクル(間伐材・放置竹林⇒ペレット・木質ボイラー⇒企業排出権取引⇒森林整備財政支援)」の2つのサイクルを構築するもので、エコエネルギーの普及はもちろんのこと、中山間地域の活性化や大都市部からの流入を含めた「ひと・もの・かね」が循環する新たなビジネスモデルにつながる提案である。

本モデルは、中山間地域の交流促進や、付加価値創造による産業の活性化、都市に立地する大企業等との交流など、「地方活性」、「大都市から地方へ」という流れを生む可能性が高い。

(2)自治体法務検定

本市では、職員の地域の諸課題へ的確に対応する政策法務の能力を高めるため、自治体法務検定委員会が主催する検定に団体で受験しています。毎年度、数十名が受験し、多くが好成績を収めており、また、高得点を取得した職員が講師を務め後輩指導も行うなどしています。さらに受験者を中心に法的係争事案に関する検討チームや例規の見直しチームを組成し、審査・立案するなど、組織全体の法務能力の向上に貢献しています。

(3)キャリアデザインとスペシャル・ゼネラリスト育成

本市の職員は、採用後おおむね10年間に、分野の異なる部署を3か所ほど経験します。自治体職員としての基礎的・総合的なノウハウを取得するとともに、こうした経験等を踏まえ、自らのキャリアデザインを作成します。キャリアデザインをもとに、本人の意向と適正にマッチした分野に進み、中堅職員として能力を深化させ専門性の高いスペシャリストを育成します。これにより総合性と専門性を兼ね備えたスペシャル・ゼネラリストとなり、幅広い視点から政策を立案し、かつ、高度な施策の展開が可能となります。

5 おわりに

以上述べてきたように、藤枝市では従来からの事務においても、また、分権改革においても、地に足のついた独自の取組を行ってきました。これらは、職員が地域特有の課題を発見し、独創的な施策を発企し、高い遂行能力によって発動し、実現してきたものと言えます。今後においても職員の育成を継続し、その力によって地方分権改革に立ち向かっていきたいと考えています。

<<地方分権改革の旗手コーナー 第7回 藤枝市(その1)へ
<<地方分権改革の旗手コーナー 第7回 藤枝市(その2)へ

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)