内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  地方分権改革  >  これまでの歩み  >  地域主権改革  >  義務付け・枠付けの見直し  >  義務付け・枠付けの見直しに関する地方独自の条例(分野別)

義務付け・枠付けの見直しに関する地方独自の条例(分野別)

注)条例及び新旧対照表中の蛍光部分は当室作成の地方独自の基準事例の該当部分

公営住宅の入居基準

子育て支援、住宅の世代構成の多様化を図る観点からの活用

定住促進・地域活性化の観点からの活用

その他雇用・失業対策等の地域の課題への対処

既存ストックの有効活用等の観点から、改めて同居親族要件を設定

障害者等を支援する観点からの活用

その他定住促進等の地域の課題への対処

犯罪被害者等を支援する観点からの活用

公営住宅の整備基準

世代構成の多様化を図る取組

地域コミュニティの活性化を図る取組

環境に配慮した取組

利便性の向上を図る取組

長期利用や環境に配慮した取組

地産地消や地域経済に配慮した取組

道路構造

交通渋滞等の地域の課題への対処

地域の通行需要に応じた道路整備の促進

安全確保対策の促進

地域の課題への対処

道路標識

視認性の改善

地域の道路状況に応じた合理的な道路標識の整備

児童福祉施設の設備及び運営

大都市部の待機児童対策

保育の内容を充実

乳幼児の安心・安全の拡充

安全安心など子育て環境の充実

特別養護老人ホームの設備及び運営

多様なニーズへの対応

地域の実情に応じた施設の整備

障害福祉サービスの設備及び運営

地域の実情に応じた施設の整備

運営に係る基準への施策の反映

保護施設の設備及び運営

保護施設の整備及び運営

公共職業能力開発施設の行う職業訓練

職業能力開発施設外訓練の対象の拡大

委託訓練の対象者の拡大

無料とする公共職業訓練の対象者の拡大

短期課程の普通職業訓練対象者の明確化

地域の実情に応じた訓練期間の設定

図書館運営審議会等の委員の任命・委嘱

図書館運営審議会の委員

公民館運営審議会の委員

博物館運営審議会の委員

水道技術管理者等の職員資格

地方公共団体の実情に応じた資格の設定

高齢者、障害者等の移動等の円滑化

特定道路における高齢者、障害者等の移動を容易にするための措置

特定公園施設における高齢者、障害者等の移動を容易にするための措置

都市公園の設置基準

都市公園の充実を図る取組

県の責任を明確化する取組

地域の実情に応じた都市公園の整備を図る取組

鳥獣保護区等を表示する標識の寸法

地域の実情に応じた標識の整備

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)