内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  地方分権改革  >  これまでの歩み  >  地域主権改革  >  国と地方の協議の場

国と地方の協議の場

国と地方の協議の場

 地方自治に影響を及ぼす国の政策の企画及び立案並びに実施について、国と地方が協議を行う「国と地方の協議の場」について定める「国と地方の協議の場に関する法律」が、平成23年4月28日に成立しました。同法に基づき「国と地方の協議の場」が開催されています。

国と地方の協議の場の法制化

国と地方の協議の場 実務検討グループ

 国と地方の協議の場の法制化に先立ち、実質的な協議の場として平成21年11月16日に 国と地方の協議(内閣官房のページ)別ウインドウで開きますが開催されました。その際、地方側より「協議の場の法制化について、国・地方双方の代表からなる検討チームを設けたい」旨の提案があったことを受け、少人数の実務検討グループを設けることとしました。

開催状況

第1回(平成21年12月18日) 議事次第・配布資料 議事要旨 (PDF形式:156KB)
第2回(平成22年1月28日) 議事次第・配布資料 議事要旨 (PDF形式:142KB)
第3回(平成22年2月18日) 議事次第・配布資料 議事要旨 (PDF形式:146KB)
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)